VSCodeはデフォルトでMarkdownのスニペットが無効になっているので注意

作成:
カテゴリー: 業務効率化

以下の記事で紹介したように、Visual Studio Code(VSCode)を普段の業務で絶賛愛用中です。

関連:Microsoftさんごめんなさい、VSCodeはAtomより断然良いです

このブログ記事だけでなく、現在依頼を受け連載中の原稿も提出する際はWord形式に化けますがMarkdown記法で作成していますし、就業規則や規程の作成など、業務のほぼすべて、というより多分99%の時間でVSCodeを利用しています。

ちなみに、以下の記事で紹介したとおり、Markdownで作成した原稿は、PandocでWordに変換しています。

関連:Pandocを用いてMarkdownからWordファイルに一発変換

スニペットとは

VSCodeのスニペット登録の方法を紹介する前に、まずスニペットとは何かを念のため解説しておきます。

Wikipediaの「スニペット」によると、以下のとおり。

スニペット(英語: snippet)とは、「断片」という意味で、再利用可能なソースコード、マシンコード、またはテキストの小さな領域を表すプログラミング用語である。

通常、これらはより大きなプログラミングモジュールに組み込むために正式に定義された操作ユニットである。スニペット管理は、一部のテキストエディタ、ソースコードエディタ、統合開発環境、および関連ソフトウェアの機能である。

これにより、ユーザーは日常の編集操作中に繰り返し入力する必要がなくなる。

ポイントは、最後の部分「ユーザーは日常の編集操作中に繰り返し入力する必要がなくなる」ということです。

例えば「oha」と入力したら「おはようございます。」と変換されるということです。

入力システムとして、Microsoft IME、ATOK、Google 日本語入力などでも単語登録という機能がありますが、その文章版というイメージで結構です。

もちろん、普段利用している入力システムの単語登録の機能で文章を登録しても良いですし、自分でよく使う文章をせっせと登録しておくと便利です。

VSCodeはデフォルトでMarkdownのスニペットが無効になっている

話を戻すと、業務の99%で利用しているVSCodeなので、細かな部分でもとにかく効率化、ということでよく入力する文字をせっせとスニペット化しています。

スニペットの登録当初は、HTMLやCSSなどウェブサイト関連ばかりしていたので気づかなかったのですが、いざMarkdownのスニペットを登録しても反映されない・・・

改めて調べると、VSCodeはデフォルトでMarkdownのスニペットが無効になっていました・・・

てっきりスニペットの書き方の問題かと思い込んで、結構な時間を使ったのに(T T)

ここからは自分自身への備忘録になりますが、以下のサイトで紹介されているように、Markdownのスニペットを有効にするために、settings.jsonに以下を追加。

"[markdown]":  {
	"editor.wordWrap": "on",
	"editor.quickSuggestions": true,
	"editor.snippetSuggestions": "top"
}

あとは、markdown.jsonに、せっせとスニペットを登録していけば、あっさりと完成。まさに灯台下暗し。

参考にしたサイト: Visual Studio Code で markdown のスニペットを登録する

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回はに発出予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。同業の社労士の方も情報収集のために、遠慮なく登録していただいて結構です(^^)

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、会社名ではなく、本名をフルネーム、漢字で入れてください。