Pandocを用いてMarkdownからWordファイルに一発変換

作成:
カテゴリー: 業務効率化
タグ: Markdown Pandoc bash

業務に用いる資料の大半は、Markdown記法で作成し管理しています。このブログや事務所サイトの内容もMarkdownで書いていますし。

関連:ブログ・サイトの管理をWordPressからHugoに移行したら爆速で快適

ただ、雑誌の執筆依頼などで、Word形式のファイルによる提出を求められることもあり、これまではWordに毎回コピペしていました。

文字数が少ない場合はこれでも問題ないわけですが、見出しやリスト形式などの反映はWord上で行う必要がありますし、記事は完成しているにも関わらず、Wordの装飾部分で時間を取られるのも地味に困るところです。文字数が多い原稿になると、この装飾作業だけでも大変ですし。

なお、Markdownを知らない方のために、WikipediaのMarkdownを以下に引用しておきます。

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。

本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。

しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLATEX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。

Pandocとは

Pandocとは、フリー・オープンソースのドキュメント・コンバータツールです(Wilipedia「Pandoc」。

入力フォーマットは様々ですが、最もサポートされているのがMarkdown形式です。そしてPandocの大きな魅力が、膨大な数の出力フォーマットが準備されている点です。

私の場合は、LaTeXを介したPDF、そして今回紹介するWordへの変換で、Pandocを活用しています。ちなみに、HTMLへの変換は、このサイトでも利用しているHugoで自動変換させています。

Pandocのインストール

Pandocのインストールは、公式のインストーラーがあるため、以下の記事でも紹介されているとおり簡単です。

参考:Pandocの比較的簡単なインストール方法

ただ、Macであれば、ターミナルから以下のコマンド一発でインストールできます。

$ brew install pandoc

ちなみに、今回はWordファイルの作成がテーマなので、手持ちのWindowsにもPandocをインストールしてみましたが、こういったインストール作業1つとっても、Windowsは面倒という印象が拭えないところです。

まあ、普段Windowsを利用していないから、慣れていない・環境構築ができていないというのが大きな要因でしょうけど。

Pandocを用いたWordファイルへの変換

まず、Pandocを用いたファイル変換の基本は、以下のとおり。

$ pandoc input.txt -o output.html

なお、Pandocの公式ドキュメントでは、

$ pandoc -o output.html input.txt 

と紹介されていますが、個人的に、変換元ファイル → 変換先ファイルの方が好きです。

そして、本題のWordファイルに変換する際も、基本と同様に、

$ pandoc input.txt -o output.docx

と拡張子を.docxにするだけでOKです。

試しにサンプルファイルとして、以下のMarkdownファイルを変換すると、

# 見出し1

## 見出し2

本文の始まり

- リスト1
- リスト2
- リスト3

[リンク](URL)

以下の図のようなWordファイルが作成できます。

きちんと、見出し1、見出し2として設定され、リスト、リンクも反映されています。また、ここでは紹介しませんが、Pandocでは図の貼り付けも完璧に再現してくれます。

ただ、見出しの色は青で、フォントはMSゴシック、本文のフォントはMS明朝と、はっきり言ってダサい・・・。どうでも良いことなのですが、Windowsのデフォルトのフォントって、メイリオになって、その後、Yu Gothicに行き着いていると思っていましたが、違うんでしたっけ?

いずれにしても、せっかく一発変換できるなら、見た目の部分も自分好みに設定しておき、変換 → 一発完了といきたいところです。その方法については以下の記事で解説しています。

関連:Pandocを用いてMarkdownから自分好みのテンプレートを適用してWordファイルに変換する方法

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回はに発出予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。同業の社労士の方も情報収集のために、遠慮なく登録していただいて結構です(^^)

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、会社名ではなく、本名をフルネーム、漢字で入れてください。