複数のPDFファイルを一瞬で1つにまとめる無料ツール:pdfunite

作成:
カテゴリー: 業務効率化
タグ: TeX bash zsh

人事労務の実務を行っていると、多くの書類に溢れるものです。

私は紙が嫌いなので、強力なペーパーレス推奨派ですが、そうするとPDFファイルが溢れることになります。

閲覧するときにはファイルが分割されていた方が便利ですが、印刷するときにはファイルが1つにまとまっていた方が便利ですよね?

10個のPDFファイルをすべて開いて、いちいち印刷するなんてやってられませんし・・・

ちなみに、当事務所でこのような状況が発生するのが、育児・介護休業法関係の様式。以下の図のように育児休業関係で10種類を超えます。

クライアントへの納品の説明時にどうしても紙が必要になるのは仕方ないところです。

複数のPDFファイルを1つにまとめる無料ツール

タイトルにはわかりやすくツールと書きましたが、実際は、Popplerというフリーのプログラミングライブラリです。

Popplerは、PDFドキュメントの閲覧に用いるもので、もちろん無料で利用できます。

このPopplerのpdfuniteというコマンドを用いて、PDFを1つのファイルに結合するのですが、コマンドは以下の1行だけです。簡単ですね。

$ pdfunite *.pdf [出力するファイル名].pdf

なお、「*.pdf」は、そのフォルダ内のすべてのファイルという意味です。

つまり、上のコマンドは「フォルダの中にあるすべてのファイルを1つのファイルにまとめてね」という命令になります。

では、先程の育児休業関係のファイルを「output.pdf」という1つのファイルにまとめます。コマンドは以下の1行のみ。

$ pdfunite *.pdf output.pdf

ファイル一覧の最後に、output.pdfができています。

あとはこのファイルを開いて印刷ボタンを押すだけです。

Popplerのインストール

LaTeXを利用していて、TeXLive2017以降をインストールしていれば、Popplerは最初からインストールされています。

TeXLiveをインストールしていない場合は、Popplerの公式サイトまたはTeX Wiki - Popplerを参考にインストールしてください。

なお、Popplerを利用すれば、PDFファイルの分割、PDFファイルからのテキスト抽出などもできます。

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回はに発出予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。同業の社労士の方も情報収集のために、遠慮なく登録していただいて結構です(^^)

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、会社名ではなく、本名をフルネーム、漢字で入れてください。