第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞企業の従業員数に驚いた!

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

既にシリーズ化され、読む度に私も涙ぐんでしまうことがあるのですが、先日、新刊の「日本でいちばん大切にしたい会社5」を読みました。

やはり厳選されているだけあって、取り上げられている会社の一つ一つの話が本当に泣けてきます。

そんな中たまたま見つけたのが、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞です。

まさかと思って調べてみたらやはり坂本光司教授でした、さすがですね(^0^)

スポンサーリンク

第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞・受賞企業一覧

経済産業大臣賞 サトーホールディングス株式会社
厚生労働大臣賞 株式会社 エイチ・エス・エー
中小企業庁長官賞 株式会社日本ロック
実行委員長賞 社会福祉法人アンサンブル会
審査委員会特別賞 四国管財株式会社
島田株式会社
有限会社真京精機
株式会社SHINDO
拓新産業株式会社
株式会社Dreams
日本理化学工業株式会社
株式会社パーソナルアシスタント青空
株式会社びわこホーム
株式会社マルブン
実行委員会特別賞 瀬戸内海巡回診療船済生丸事業
巣鴨信用金庫
学校法人池谷学園 冨士見幼稚園
一般社団法人モリス

受賞企業のうち、当事務所のクライアントでも多い100名以下の会社は、18社中、なんと10社!

しかも、一番小さい組織となると、なんと従業員数7名ですよ。他にも、従業員数8名という会社もありますし、20数名程度の会社も複数あります。

人事労務管理制度と堅く考えてしまうと、うちは規模が小さいから・・・といった言い訳も出てきますが、「人を大切にする会社」に規模は関係ないということですね。

要は、経営者が心から信じてやるかどうか、ということだと改めてこの一覧を見て感じた次第です。

既に第6回ということですが、第1回から第5回まで受賞された会社を含め、このような会社は社会として大事にしていきたいものですね。

ちなみに、応募資格は、「過去5年以上にわたって、以下の5つの条件に全て該当していること」です。

あなたの会社も当てはまるのであれば、来年は応募してはいかがですか?

  1. 人員整理を目的とした解雇や退職勧奨をしていないこと(東日本大震災等の自然災害の場合を除く)
  2. 外注企業・協力企業等、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと
  3. 障がい者雇用率は法定雇用率以上であること(常勤雇用50人以下の企業で障がい者を雇用していない場合は、障がい者就労施設等からの物品やサービス購入等、雇用に準ずる取り組みがあること)
  4. 黒字経営(経常利益)であること(一過性の赤字を除く)
  5. 重大な労働災害がないこと(東日本大震災等の自然災害の場合を除く)

各受賞企業の受賞理由も参考になると思いますのでご関心があれば以下の参考をご覧ください。

こうした名誉ある賞もある一方で、ブラック企業大賞という不名誉極まりない賞もあります。

従業員数44名という規模でありながらブラック企業として一躍有名になった企業もあり、従業員規模は関係ないことがよくわかります。

参考 第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 受賞者の決定について

本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

人事労務の秘訣メールマガジンを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日(次回は11/7送信予定)に、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば以下のフォームよりご登録ください。

購読してみて、不要だと思ったら、すぐに解除できます。

登録の際のお願い

氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。

たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。

* 必須入力項目

フォローする


この記事を書いた人


安部敏志:社会保険労務士

「就業規則は働き方のルールであり、社内で自ら作成・修正すべき」という信念のもと、中小企業の人事担当者の育成に従事。
その他、専門雑誌等の記事の執筆にも積極的に対応。

事務所公式サイト:あべ社労士事務所

なお、同業の社労士から事務所運営や営業方法などの相談を受けることが増えていますが、当事務所は開業当時から この方法をそのとおりに実行しているだけです。

error: Content is protected !!