介護休業の取得状況(厚生労働省統計まとめ)

作成:
カテゴリー: 介護
タグ: 統計

最初にお断りしておくと、本来であれば、育児休業取得率のようにグラフ化するつもりでした。

しかし、後で紹介するように、介護休業の取得状況はあまりにも低く、グラフ化できない、というよりグラフにしても単に見にくくなるだけなので、表形式で掲載します。

介護休業取得者の事業所割合

令和元年度雇用均等基本調査(厚生労働省)によると、平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に、介護休業を取得した人がいた事業所の割合は2.2%で、平成29年度の2.0%から微増となっています。

年度 介護休業者あり 介護休業者なし
平成29年度 2.0 98.0
令和元年度 2.2 97.8

男女別の介護休業取得者の事業所割合

次に、介護休業を取得した男女別の事業所割合は以下のとおりです。

年度 男女とも介護休業者あり 女性のみ介護休業者あり 男性のみ介護休業者あり
平成29年度 0.2 1.2 0.6
令和元年度 0.3 1.2 0.7

あまりにも小さな数ではありますが、女性従業員の方が介護休業を取得していることがわかります。

まとめ

育児休業より低いとは思っていましたが、さすがにこの数字は衝撃的でした。

職業柄、育児休業と介護休業法は並列で考えていますが、確かに知名度から考えると仕方ないのかもしれません。

ただ、日本はすでに「超高齢社会」に突入しており、実際、介護をしながら働いている人は多いはずです。

また企業にとっても、介護休業の日数なんて育児休業に比べてはるかに短いですし、今後の採用戦略のブランドイメージで有利になるはずです。

そもそも、介護のために離職という状況は、人口減少が進む日本社会において本当にもったいない話のはずです。

参考:令和元年度雇用均等基本調査(厚生労働省)

なお、介護休業制度に関する解説は以下をご参照ください。

関連:介護休業の条件・期間・給料・手当の基礎知識

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回はに発出予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。同業の社労士の方も情報収集のために、遠慮なく登録していただいて結構です(^^)

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、会社名ではなく、本名をフルネーム、漢字で入れてください。