Work Life Fun

仕事も人生も楽しむ社労士

男性の育児休業取得率の推移(H8-R3)

データを踏まえて正しい状況を説明するのが当事務所のスタンスであり、今回は「令和3年度雇用均等基本調査(厚生労働省)」を用いて、男性の育児休業取得率の推移を紹介します。

男性の育児休業取得率の推移

令和3年度雇用均等基本調査(厚生労働省)によると、男性の育児休業の取得率は13.97%となっています。

上昇が始まった平成24年度の1.89%、前年(令和元年)の7.48%と比較すると、大きく上昇していますが、2025年までに30%とする政府の数値目標には遠く及ばない状況です。

注意

以下は本来であればグラフが表示されます。
もしグラフが表示されていない場合はページの更新をしてください。

なお、平成23年度の割合は、岩手県、宮城県、福島県を除く全国の結果です。

女性の育児休業取得率の推移

参考までに、女性の育児休業取得率の推移もグラフ化しておきます。

まとめ

様々な施策を通じて、国は男性の育児休業を推進しており、数値的に上昇は続いていますが、2025年までに30%とする政府の数値目標には遠く及ばない状況です。

企業として、福利厚生の充実を謳うのであれば、ライバルが少ない分、男性の育児休業取得率を上げていくという方策は狙い目だと思うのですが。

参考:令和3年度雇用均等基本調査(厚生労働省)

なお、育児休業制度は、度重なる法改正の結果、全体像の理解が極めて複雑な難しい制度となっています。ご関心のある方は以下の記事をご参考ください。

関連:育児休業の対象者・期間・賃金等の基礎知識

【無料】効率的に人事労務の情報を入手しませんか?
  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える企業の経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない、本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しないため、情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。