Work Life Fun

社会人に求められる文章力を向上させるポイント

作成:
カテゴリー: 人材育成

「日本人だから日本語を書けるのは当たり前」と思う人は多いのですが、実際はそうでもありません。

前職、そして現在も仕事柄、様々な意味不明な文章を見る機会がありますし、現在は顧問先の社長から「従業員の文章力がひどいがどうすべきか」といった相談を受けることがあります。

社会人に求められる文章力

社会人に求められる文章力とは、伝えたい内容が読み手に過不足なく伝わるように書くことです。

かっこいい文章、美しい文章、味わい深い文章は不要です。しかし、文章を読んだ人によって解釈が異なる文章は失敗です。

いかに論理的な文章を書けるか、社会人はそこで力量が問われます。

文章の内容を決めるのは、書き手ではなく読み手

社会人として、絶対に理解しておかなければならないことは

  • 書く内容を決めるのは、書き手ではなく読み手

ということです。この点は、ブログやWebサイトも同様です。

社会人が文章を書く際の読み手となるのは、上司や同僚などの会社内部の人、顧客や求職者など外部の人であり、内部向けと外部向けでは用いる表現も異なります。

読み手は忙しいので、あなたの関心事や思い付きに付き合う暇はありません。いかに読み手の知りたいことを、読み手の関心に向かって簡潔に書くか、そこに文章力ひいて仕事の力量まで判断されます

そして、文章を書くときには論理が重要です。

「何を伝えたいのか」「言外に含みがあるのか」、論理が破綻した文章は読む人を疲れさせます。

例えば、会社の備品としてiPadの購入を求めるなら、

  • なぜ必要なのか
  • いつまでに必要なのか
  • 何台が必要なのか、いくらになるのか
  • 購入によりどんなメリットがあるのか

そういったことをMECE(漏れなくダブリなく)に文書にまとめ、上司に「なるほど、確かに必要だ」と思わせなければなりません。

そうした文章をまとめることのできる人は、きっと営業の場面でも論理的に説明できるでしょう。といってもマーケティングでは、論理よりも感情を動かす方が大事という考え方もあるようです。ただ、論理が不要ということにはなりません。

なお、社会人の文章力向上に「入門 考える技術・書く技術」はオススメです。

関連:文章力の向上に絶対オススメ「入門 考える技術・書く技術」

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しません。情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

なお、あべ社労士事務所では、信頼できる社労士仲間を増やしていきたいという想いから、社労士が業務を行う上で役立つ情報提供も行っています。ご関心があればこちらをクリックしてご登録ください。