HHKB Professional2 US(英語)配列を1か月利用した感想

作成:
タグ: Mac HHKB

巷で言われているほど、MacBookの打鍵感に不満はなかったのですが、高額にも関わらず絶賛レビューの多いHappy Hacking Keyboard(HHKB)はずっと気になる存在でした。

その話をしたところ、計算機の研究者をしている弟から余っているからあげるよーとHappy Hacking Keyboard(HHKB) Professional2をもらいました。ラッキー!!!

Happy Hacking Keyboard(HHKB) Professional2の使用レビュー

HHKB) Professional2は、USB接続による有線接続のタイプです。最近はBluetoothによる無線接続タイプの方が人気のようですが、Bluetoothの接続は安定しているのでしょうか?

とりあえず、こんな感じで、まずは試しに使ってみました。

MacBookの限りなく薄い打鍵感に慣れていると、かなり深く押し込む感じです。

ただ、実際は、高速入力に最適なチャタリングのない静電容量無接点方式を採用しているので、深く押し込むことなく文字が入力されていきます。

そして、このキータッチの感触は確かに慣れていくと、ものすごく快適です。あるブログ記事で、1日1万文字を打つ人にはオススメと書かれていましたが、それがよくわかります。

この感触を伝えるのは難しいですね。ただ、私はMacBook以外にも、ラップトップを2台持っていますが、もはやHHKB以外のキーボードを打ちたくないと思ってしまっています・・・

US(英語)配列には矢印キーがない

学生時代からの慣れもあって、会社支給ではなく、自ら準備できる場合はUS(英語)配列のキーボードを愛用しています。

ただ、このUS(英語)配列のHHKBは、一部では変態配列と呼ばれているようで、通常のキーボードだと右下に配置されている「矢印キー」がないのです・・・

そこまでしてコンパクトさを追求するという企業努力には尊敬しかありません。ただHHKBを使ってみて、意外と矢印キーを利用していることに気づかされました。この矢印キー問題に慣れるまでには少々時間がかかりました。

「黒」ではなく「墨」

一般的に、キーボードの色は白と黒が多いのですが、HHKBでは色についてもこだわりを見せており「黒」ではなく「墨」です。

墨色のキーボードに薄く文字が入っているところにも強いこだわりがあり、眺めていても美しいキーボードです。

まとめ

HHKBを利用していると、長く愛される製品には開発者の想い・信念があり、それを理解するファンがいて、進化を続けるという歴史の重みをつい考えてしまいます。

「パソコンを換えるとキー配列も変わる」という当時の常識に疑問を持ち、自作のキーボードデザインを考案した和田英一東京大学名誉教授、製品化したPFUの功績にありがたく乗っからせていただきます。

ちなみに、私は、発売当初からのPFUのScanSnapユーザーで、今利用しているiX1500で、4台目のScanSnapです。これまた良い製品です。

所有していた1000冊以上の蔵書を自炊したのは良い思い出です、大変だったけどwww

参考:プロが選ぶ至高のキーボード「HHKB」が20年以上愛され続ける理由

2020/7/29 追記

色々なことが重なって、PC周りの環境が随分変わりましたので、以下の記事でまとめています。

関連:モニターアーム、PCスタンド、キーボード、トラックパッドを導入してすごぶる快適

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回はに発出予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。同業の社労士の方も情報収集のために、遠慮なく登録していただいて結構です(^^)

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、会社名ではなく、本名をフルネーム、漢字で入れてください。