部下を動かす管理職になるには?

時間があればブライアン・トレーシーの本を読み返しています。

かなり有名な方なのですが、なぜか私の周りには知らない人が多い気がします。。。

さて、今回は管理職の最も重要な役割である「人を動かす」という内容です。

管理職の役割は部下を動かすこと

管理職になるということは会社に認められたということです。

だからそれまで以上に頑張って働こうと思うでしょう。

しかし、管理職というのは部下を動かすマネージャーです。これができなければ失格。優秀なプレイヤーというだけだったら、専門職または部下なし管理職で過ごすべきです。

人を動かせるマネジャーになれ!」では、ブライアン・トレーシーの若かりし頃の失敗からはじまり、単に啓発的な精神論でなく、結果を出す管理職としての考え方と実践方法が詳しく説明されています。

この失敗から学んだ教訓が「人の能力を最大限に引き出すには、学歴や知識、経験よりも、感情的な影響を与える接し方や言動のほうが重要」であることであり、以下のようにも述べています。

人間の意思決定の何パーセントが合理的で、何パーセントが感情的だと思うか?

私は人間は100パーセント感情的だと答える。すべての人は感情的に決定し、それを論理的に正当化する。

そうであれば、管理職が行うべきことは部下が何を求めているかを探るべきです。困ったことがあれば部下の方から言ってくるはずだし、そうあるべきだと考えてしまいますが、それは違います。

なぜなら、それは「普通」の管理職の姿だからです。

あなたが「普通」の管理職になりたいのであればそれで構いませんが、「部下を動かす」管理職になりたいのなら、「普通」と違うことをしなければなりません。

https://worklifefun.net/role-of-manager-and-motivation/

https://worklifefun.net/map-established-by-ceo/

まとめ

私は彼のことをビジネスコンサルタントと思っていたのですが、改めて経歴を日本公式サイトで調べてみたら、営業の神様とも書かれていました。

確かに、以前、彼の本で、駆け出しのコンサルタントだったときにどのようにして売れっ子になっていったかというノウハウが書かれていて、まさにこの本にもあるように人の感情を考えた動きをしていて、着眼点がすごいと思った記憶があります。

彼の本で有名なのは、フォーカル・ポイントでしょうか(「大切なことだけやりなさい」という翻訳書でその後発売)。

彼の本に感動し影響を受けた本田直之さんが、絶版になっていた同書を再度世に出したという話は有名ですし。

頻繁に開催されているどこぞの人材育成系のセミナーや多くの派生本を勉強するくらいなら、彼の本を何度も読んで少しでも実践した方がはるかに役立つと思います。

人事労務の秘訣を紹介するメルマガを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日(次回は2019/8/7に配信予定)に、人事労務に悩む経営者・担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、人事労務に関係する参考情報、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば登録ください。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。購読して不要だと思ったら簡単に解除できます。

登録の際のお願い
氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。
* 必須項目

記事が参考になったらシェアをお願いします。

あべ社労士事務所では、会社の人事労務の実務を行う上で必要な規程や様式類などをご提供しています。実務でお悩みの方はご参考ください。