社員のモチベーションアップには会社の歴史を示すと良いという研究結果!

社員の忠誠心やモチベーションをアップさせるために日々悩む経営者は多いですが、会社の歴史を示すと良いという面白い研究結果があるのでご紹介します。

会社の歴史と社員の忠誠心の相関関係

スタンフォードの自分を変える教室は様々な研究結果をもとに書かれており、人事労務管理を考える上でもとても興味深い本です。

その中で、今回のテーマである「社員の忠誠心」に関する研究結果が紹介されていました。

心理学者のハル・エルスナー・ハーシュフィールドが行った一連の研究結果では、社員に対して、創設時の会社がいかに不安定だったかということを振り返らせる、そうすると社員の態度がより前向きになることがわかった。

これは専門用語でいう「反事実的思考」と「事実的思考」の使い方によって生じるものです。

同様の研究として、愛国心に関する「反事実的思考」と「事実的思考」による研究結果も本書では紹介されています。

アメリカが誕生していなかったら世の中はどうなっていたかを考えてもらう(反事実的思考)。

逆にアメリカが誕生したことによってどんな世の中になったかを考えてもらう(事実的思考)。

この場合、前者は後者よりも高いレベルの愛国心を示すことがわかった。

前者は、アメリカが誕生したことで世の中が良くなったということを自ら気づかせているわけです。

会社の例に話を戻すと、創設時の不安定な中を、社員の苦労で乗り切った、そして乗り切るに当たっては顧客からの感謝の声や支援があったはずです。

そのような会社の歴史を社員に意識させることで、社員の忠誠心は上昇するわけです。

今はモノが売れない時代と言われ、顧客には物を売るのではなく、物語を売るというストーリーブランディングについての本をよく見るようになりましたが、顧客と同じように従業員も惹きつけないといけない時代ですね。

まとめ

この研究が面白いなと個人的に思ったのが、意外と所属している組織の歴史というのを知らない、忘れていくものだと実感したためです。

採用面接などに臨むときは、合格したいのでもちろん会社の歴史を調べます。

しかし、入社してから数年も経てば、記憶は薄れるでしょうし、むしろ会社への不満が目につくものです。

大きな会社では、会社の歴史を紹介した冊子などがあるかもしれませんが、沿革で紹介するような年表が淡々とあるだけではないでしょうか。

その点、パナソニックやホンダなど創業者の個性がある会社というのは、ドラマチックに描かれますし、すごく記憶に残ります。

先日、友人からの思わぬプレゼントで本田宗一郎さんに関する本をいただきましたが、創業当時の苦労話や創業者の個性を知ると、ホンダという会社のファンになってしまう魅力があります。

どんな企業であっても、創業者の強い思いがあって、会社は作られているはずです。

そのときの思い、苦労を社員教育の中で活用してみるというのは素晴らしい取組だと思いませんか?

人事労務の秘訣を紹介するメルマガを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日(次回は2019/6/5に配信予定)に、人事労務に悩む経営者・担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、人事労務に関係する参考情報、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば登録ください。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。購読して不要だと思ったら簡単に解除できます。

登録の際のお願い
氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。
* 必須項目


記事が参考になったらシェアをお願いします。


あべ社労士事務所では、会社の人事労務の実務を行う上で必要な規程や様式類などをご提供しています。実務でお悩みの方はご参考ください。