2009年製の古いiMacにUbuntuをインストール

作成:

知り合いの会社からいただいたiMac Late 2009にUbuntuをインストールしてみたら思いのほか快適です。

余っているiMacいる?

唐突な出だしから始めましたが、「あなたは本業は何をしているの?」と聞かれるほど、ガジェット好きです。

顧問先やメルマガ購読者には前々からお知らせしていますが、最近はプログラムにもハマっており、仕事でも少しずつプログラムを活用しています。

100名分の労働者名簿を数秒でPDFファイルとして作成できるプログラムが動いたときは感動しました。

さて、タイトルの「2009年製の古いiMacにUbuntuをインストール」ですが、経緯は以下のとおり。

  • 知り合いの会社から「余っているiMacいる?」と聞かれた
  • 出先での作業が多いためノート型のMacしか使ってこなかったが、iMacには以前から興味があった

まとめると、無料という言葉に弱い、ということです。ミニマリストへの道は果てしなく遠いですな・・・

iMac Late 2009の盲点だった問題点

連絡を受けた当初はiMac Mid 2011をもらえると聞いていましたが、起動してみるとiMac Late 2009。無料だし、遊び道具のつもりでもらったので、もちろん文句は言いません。

ただ、調べてみて困ったのが以下の点。iMac Mid 2011であれば・・・

  • 現時点の最新macOS Mojaveがインストールできない
  • Appleの特注品によるHDDということで温度センサーが付いている

最新のOSへのこだわりはありませんが、メインの仕事道具であるMacBook 2017のOSと違うと操作性が変わって困るかもと不安になった・・・

ただ、2点目はかなり痛く、SSDに慣れている身としてHDDのもっさり感には耐えられない可能性大。元々、SSDに交換するつもりでしたが、温度センサーを外してしまうとファンがフル回転してしまいます。

調べてみると、ソフトでファンをコントロールすることが可能なようです。温度センサーのケーブルをわざとショートさせて使っているツワモノもいるようですが。

SSDへの交換は断念

iMacがもらえる!とウキウキ気分になってしまい、1TBのSSDをすでに購入していたのは痛恨の極みでした。

せっかくSSDも買ったことだし、ということで交換作業を行ったのですが、今度はSSDを認識しないトラブル・・・

調べてみると、一旦外付けでSSDを認識させ、macOSをインストールしてから、再度内部に取り付けるとうまくいったという記事を見つけましたが、さすがにここでギブアップ。

遊び道具のつもりでもらったのに、仕事に差し障りが出るほど時間が取られるのは困りますし。

ただ、このままだと、机の上にただの邪魔な置物がある状態・・・

そうだ、Linuxの世界に行こう!

突然「Linuxを入れよう」と閃きました。古いPCでもサクサク動くと評判のLinuxであれば、10年前のiMac、HDDでもサクサク動くかもしれない!

学生時代は純国産と当時話題のTurbo Linuxで遊んでいた時期もありますが、一応、Linux初心者、ということで調べてみると、今はUbuntuというDebian GNU/LinuxをベースとしたOSが人気のようです。

WikipediaのUbuntuによると、Ubuntuの初リリースは2004年ということなので、あっという間に人気になったんですね。

ちなみに、Ubuntuは南アフリカのズールー語の言葉で「他者への思いやり」を意味するそうです。

で、ブートUSBを作ってインストールしてみると、あっさり完了。

昔のLinuxは、ドライバも少なく、プリンタやネットなどハードの認識で苦労した記憶がありますが、技術の進歩というか、関係者の努力というか、隔世の感がありますね。

また、軽量Linuxとしては、antiXやlinuxBeanといったものがあります。参考までに、antiX をインストールするのに必要なスペックを調べてみると、以下のとおり。(  )内は推奨要件。

  • CPU: Pentium II (Pentium III 以上)
  • RAM: 192 MB (256 MB 以上)
  • DISK: 1 GB (3.8 GB 以上)

Pentium IIって20年以上前のスペック・・・Linuxってやっぱりすごいですね。

年々重いスペックを要求するOSって誰のため?

今回、iMac Late 2009にLinuxを入れようとして考えてみたのですが、WindowsやMacのOSが年々重くなっている理由って何なんでしょうか。

動画編集をゴリゴリするならスペックは必要ですが、そもそもOS自体を重くしているのは、やっぱり新しいハードを購入させたいだけなんでしょうね。

ちなみに、研究者をしている弟の知り合いは「Appleは最高のハードウェア会社だ」と言い、MacにUbuntuを入れて仕事をしているそうです。

あ、私も最初これを聞いたとき、文字どおりに受け取ってしまいましたが、これは痛烈な皮肉ですよ。macOSは大嫌いだそうです。

それと、周りに今回の顛末としてLinuxのインストールの話をしたら「オタクだねー」と言われたので、一応反論しておきますw

私の周りではMac利用者が多いのですが、MacはBSD系のUNIXをベースに開発されているので、Linuxとは兄弟のようなものです。なので仲間なんですよ。

なお、私は以下の2冊を年末年始に読み進め、実際にコマンドを入力しながらシェルスクリプトを習得しました。

タイトルはUNIXやLinuxとなっていますが、Macではbashをすぐに使えますし、シェルスクリプトを使うと様々な事務作業の自動化ができるので、事務の人こそシェルスクリプトをマスターすべきと最近は顧問先で力説しています。

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回はに発出予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。同業の社労士の方も情報収集のために、遠慮なく登録していただいて結構です(^^)

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、会社名ではなく、本名をフルネーム、漢字で入れてください。