賃金の消滅時効期間が2年から3年に変更(2020年4月から)

作成:

2020年(令和2年)1月10日に、労働基準法の一部を改正する法律案要綱がまとめられ、発表されています。

なお、施行期日は、民法一部改正法の施行日に合わせて、2020年4月1日からです。

未払い賃金の消滅時効期間は、2年から3年に

労働基準法の一部を改正する法律案要綱の改正部分は以下の3点です。

  1. 労働者名簿等の書類の保存期間の延長
  2. 付加金の請求を行うことができる期間の延長
  3. 賃金請求権の消滅時効期間の見直し等

ただし、経過措置として、以下の3点に該当する労働基準法第109条、第114条及び第115条の規定の適用について、消滅時効期間は、当分の間、3年間とするとされています

1. 労働者名簿等の書類の保存期間の延長

  • 労働者名簿、賃金台帳及び雇入れ、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類保存期間について、5年間に延長することとすること。

以下の労働基準法第109条が改正されるということです。ただし、経過措置があるため、この部分は当分の間、変更なしです。

労働基準法第109条(記録の保存)
使用者は、労働者名簿、賃金台帳及び雇入、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類を3年間保存しなければならない。

2. 付加金の請求を行うことができる期間の延長

  • 付加金の請求を行うことができる期間について、違反があった時から5年に延長することとすること。

以下の労働基準法第114条が改正されるということです。

労働基準法第114条(付加金の支払)
裁判所は、賃金を支払わなかった使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあった時から2年以内にしなければならない。

3. 賃金請求権の消滅時効期間の見直し等

  • 賃金(退職手当を除く。)の請求権の消滅時効期間を5年間に延長するとともに、消滅時効の起算点について、請求権を行使することができる時であることを明確化することとすること。

以下の労働基準法第115条が改正されるということですが、少々ややこしい部分があるので解説しておきます。

労働基準法第115条(時効)
この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、この法律の規定による退職手当の請求権は5年間行わない場合においては、時効によって消滅する。

労働基準法第115条の時効は以下のようにまとめることができます。このうち「賃金(退職手当を除く。)の請求権」のみが改正されるということです。

  • 賃金(退職手当を除く。)の請求権の時効:2年間 → 改正により5年間(当分の間3年間)
  • 災害補償その他の請求権の時効:2年間(改正なし)
  • 退職手当の請求権の時効:5年間(改正なし)

そして、災害補償その他の請求権とは、以下に関する請求権のことです。

  • 災害補償
  • 年次有給休暇
  • 帰郷旅費:契約解除の日から14日以内
  • 退職時の証明:労働者が請求した場合、遅滞なく交付
  • 金品の返還(賃金を除く):権利者が請求した場合、7日以内に返還

2020年4月以前の未払い賃金の取り扱い

法律案要綱の中には、経過措置として

  • この法律の施行前に労働基準法第114条に規定する違反があった場合の付加金の請求期間及び賃金(退職手当を除く。)の支払期日が到来した場合の当該賃金の請求権の消滅時効の期間については、なお従前の例によることとすること。

とされています。簡単に言えば、施行日である2020年4月以前に支払期日となっていた賃金、例えば2020年3月に支払われる賃金の消滅時効期間は、2年のままということです。

2025年を目処に、時効が5年となる?

法律案要綱には「検討」として、

  • 政府は、この法律の施行後5年を経過した場合において、この法律による改正後の規定について、その施行の状況を勘案しつつ検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとすること。

とされています。上述のとおり、この法律案要綱では、そもそも賃金の消滅時効期間を2年から5年に変更、ただし、経過措置として当分の間は3年とする、という構成になっています。

そのため、施行後5年となる2025年を目処に、この「当分の間は3年とする経過措置」をなくすかどうかという検討がなされるわけですが、今回の改正に際して喧々諤々の議論があったことを考えると、改正民法に合わせて時効が5年となることはほぼ確定でしょう。

参考:「労働基準法の一部を改正する法律案要綱」の答申

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回はに発出予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。同業の社労士の方も情報収集のために、遠慮なく登録していただいて結構です(^^)

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、会社名ではなく、本名をフルネーム、漢字で入れてください。