Work Life Fun

「いちばんやさしいGit & GitHubの教本」を読んで

作成:
カテゴリー: 業務効率化 オススメ本
タグ: Git

世間がGWですが、個人事業主にはそんなものはありません 🤡

ただ、少々のんびりモードなのは事実なので、この機会に積読状態の本を読んでいます。その1冊が「いちばんやさしいGit & GitHubの教本

Git・GitHubの利用歴

Gitは、コロナ前に会食したとき同席者に便利さを熱弁したことがあるので約3年近く、GitHubはLaravelの開発で用いたので約1年利用しています。どちらも存在はもっと前から知っていましたが。

プログラム開発は当然ながら、社労士業務、ブログ・ウェブサイト管理など私の業務のすべてをGitが管理しており、Gitは絶対に手放せないツールです🥳

そういえば、雑誌の連載でGitを取り上げたことがあります。

関連:専門誌ビジネスガイドで連載記事、第2回「データ管理に手放せないバージョン管理システム:Git」を執筆

Gitを使い始めたときは、あまりの便利さに感動し「Linus天才!」と、当時は至るところでGitを勧めていた記憶があります。Linusが天才なのは世界中が知っていることですが・・・😑

「いちばんやさしいGit & GitHubの教本」を読んで

利用歴がそこそこあるので、普段使いはできている(はず)、にも関わらず「いちばんやさしいGit & GitHubの教本」を読んだたのは、体系的に学びたかったためです。

困ったときはググったりQiitaで探せば、大体親切な人が解説している記事が見つかります。プログラマーの世界は本当に優しく、ありがたい限りです。

ただ、断片的な知識しかないと、いきなりつまずくこともあります。そういった理由で、思いっきり優しそうな本を選んだわけです。

感想としては、初心者のつまずきそうなところも丁寧に解説されていますし、私自身が連載でGitを取り上げたこともあって「この部分の解説は上手だな」と、つい書き手目線で見てしまいました。

本書で、最も驚いたのは、

  • ドイツが法令をGitで管理している事例もあります

という部分。URLも「https://github.com/bundestag/gesetze」と掲載されていたので調べてみたのですが、これはドイツが国として公式にアップしたものなのか、それとも市民運動の一環としてアップされているのかはわかりませんでした。

一方、2013年と若干古いですが、日本の法令データをGitHubに上げた猛者を発見しました。

参考:法令データ提供システムのデータをgithubに上げてみた話

記事の中でつい笑ってしまったのが、以下の内容。

法令の専門家はどうやら紙の新旧対照表?を未だに使ってるらしいとかを見て、Tech が有効だなぁと感じました。機械にできることは機械にやらせるべき。

ほんと、笑っちゃいますよね。しかも、この2022年でも、法令に準じて、就業規則の新旧対照表を作るべきって主張する人もいますから・・・ 😨

差分を示して修正点がわかる形にしていれば問題ないはずで、コンピュータであれば1秒もかからずにできることを、Wordのようなソフトで、新旧の行をそろえるようなムダな労力を汗水たらしてやるのが、日本では根性という美名で賞賛されるようです。

GitとGitHubの技術的な点について、なんら触れていないレビューですが、プログラムやブログ・ウェブサイトの管理だけでなく、法令、書籍の執筆などテキストを扱うものであれば、すべてGitで管理できますし、共同作業を行うならGitHubは手放せなくなるのは間違いありません

非プログラマーもぜひGit、GitHubを利用しましょう。あ、そういえば、以前就業規則をGitHubに公開している会社があって記事にしていました。

関連:就業規則をGitHubに公開し採用や広報の武器にしている会社の実例

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しません。情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

なお、あべ社労士事務所では、信頼できる社労士仲間を増やしていきたいという想いから、社労士が業務を行う上で役立つ情報提供も行っています。ご関心があればこちらをクリックしてご登録ください。