規定と規程の違いとは? それぞれの意味と使い方を詳しく解説!

作成:
更新:

「規定」と「規程」、似ているようで、実は意味や使い方が異なります。専門家でもよく間違う規定と規程の違いを解説します。

規定と規程の違い

「規定」と「規程」、日常生活ではあまり使用する言葉ではありませんが、法律関係の用語としてよく利用されますし、会社の文書でも用いられます。

ただ、とにかく誤用が多いのが、この「規定」と「規程」です。我々社労士の場合は就業規則の作成や修正の際に利用しますが、法令用語を用いる専門家が間違うのは致命的です。それほど「規定」と「規程」は全く異なるものです。

規定と規程の違いを最も簡単に説明すると以下のようになります。

  • 規定:1つ1つの文章
  • 規程:規定がまとまった1つの文書

人事労務の関係では、就業規則の他に、賃金規程、退職金規程、旅費規程など様々な会社のルールを定めた文書がありますが、文書のタイトルに使われるものが「規程」です。

そして「規定」は、その規程の中の1つ1つの文章・条文のことです。

つまり、1つ1つの規定が集まり、できあがった最終的な文書が「規程」であり、以下のようなイメージです。

  • 規程 = 規定 + 規定 + 規定 +・・・・・

規定と規程の実例

では、以上の説明を踏まえて、規定と規程との実例として絶対に間違いのない文書を取り上げます。

まず、規程の実例として、参議院HPを見ると「両院協議会規程」というのがあります。両院協議会「規定」とはなっていません

次に、規定の実例です。

日本国憲法の中で「法律の規定を実施」という条文がありますが、これは、法律の条文1つ1つということを意味しています。だから「規程」ではなく「規定」になります

日本国憲法第73条第6項
この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。

ちなみに、私が国家公務員として働いていたとき、発出する文書・文章のチェックを二人一組で読み合わせしていましたが、規程を「きほど」、規定を「きさだ」と読み、その違いがきちんと反映されているか確認していました。

まとめ

就業規則の中で「賃金規定」「退職金規定」となっている箇所はありませんか?

正しくは「賃金規程」「退職金規程」です。

もし社労士に依頼したもので「規定」と「規程」の誤用があったら要注意です。もちろん私にも変換ミスや誤字脱字はあります。ただ、複数箇所で間違っていたらそれは誤認であり、法令をきちんと理解して読めているのか確認した方が良いでしょう。

ちなみに「許可」と「認可」の違いもよく混同されがちです。 以下の記事でその違いについて解説していますのでご参考下さい。

関連:許可と認可の違いをわかりやすく解説! 許認可番号なんてない!

しかし、日本語って難しいですね。でもビジネスで文章を書くなら正しい日本語を使いたいものです、と言いつつ、私もあやふやな部分がたまにあるので、以下の本を手元に置きながら記事を書いています。

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回(次回は12/4の予定)、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。