Work Life Fun

仕事も人生も楽しむ社労士

就活生と親が就職先に求める条件(経済産業省調査)

経済産業省が令和4年6月にレポート「健康経営の推進について」を更新しています。このレポートの中で、

  • (就活生)将来、どのような企業に就職したいか。
  • (親)どのような企業に就職させたいか。

という興味深いアンケート結果が掲載されています。

「従業員の健康や働き方への配慮」を双方重視

注意

以下は本来であればグラフが表示されます。
もしグラフが表示されていない場合はページの更新をしてください。

上のグラフのとおり、

  • 「従業員の健康や働き方への配慮」が就活生・親双方で特に高い回答率

となっています。就活生単独の上位3つは、

  1. 福利厚生が充実している:44.2%
  2. 従業員の健康や働き方への配慮:43.8%
  3. 企業理念・使命に共感できる:38.1%

となっており、就活生の親単独の上位3つは、

  1. 従業員の健康や働き方への配慮:49.6%
  2. 雇用が安定している:44.5%
  3. 給与水準が高い:31.3%

となっています。

7割の就活生が親の意見を参考にする

就活生のみのアンケートはよく見ますが、今回の興味深い点は、就活生の親の回答もあることです。

就活生に対してのアンケート「就職にあたり親の意見を参考にするか」の結果は、以下のグラフのとおりです。

なんと、就活生の7割が親の意見を考慮すると回答しており、レポートでも「就職先を検討する上で親が持つ企業イメージ・情報が重要な要素を占めることが分かった」とまとめられています。

まとめ

以上のとおり、企業は採用活動において、就活生・就活生の親の双方で重視している「従業員の健康や働き方への配慮」をいかにアピールできるかが勝負となります。

採用難の中小企業の社長と話していると「知名度や賃金で大企業に勝てないから」と諦めがちの言葉をよく聞きますが、このアンケート結果から「勝負するのはそこではない」ということがわかるはずです。

顧客のニーズを把握し、強みをアピールするのはビジネスの基本です。これを採用活動に置き換えれば「求職者のニーズを把握し、強みをアピールする」となります。

  • 「従業員の健康や働き方への配慮」をどのように行えば良いのか?
  • そして求職者にどのように伝えていけば良いのか?

まさに当事務所が最近注力している点であり、具体的な方法を知りたいというご希望があれば、当事務所までお問い合わせください。

参考:経済産業省・健康経営

【無料】効率的に人事労務の情報を入手しませんか?
  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える企業の経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない、本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しないため、情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。


up_line