契約社員の社会保険の加入条件を考える上で注意すべき2つのポイント

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

今回は、契約社員の社会保険の加入条件を考える上で注意すべき2つのポイントを解説します。

契約社員は社会保険に加入することができるのか、または加入させなければならないのかという質問をたまに受けますが、この記事を読んでいただければその質問がナンセンスなことがわかるかと思います。

なお、社会保険と言ったときには、広い意味での社会保険なのか、狭い意味なのかの社会保険なのかは常に注意しておく必要があります。

今回は広い意味での社会保険に加入できる契約社員の条件を解説します。

スポンサーリンク

契約社員の社会保険の加入条件

まず、契約社員と一口に言っても、会社によってその実態は異なるため、法的に整理して解説します。

契約社員とは期間の定めのある労働契約を締結している労働者のことですが、

  1. 正社員と同じ所定労働時間の有期契約労働者
  2. 正社員より所定労働時間の短い、つまりパート有期契約労働者

の2つのパターンがあります。この法的な関係を図示したものが以下の図になります。

そのため、まずは会社で契約社員と言ったときに、上の図のどの雇用区分に該当するか確認してください。

そして、社会保険のそれぞれの加入条件を確認し、上の2つのパターンを当てはめて考えていくことになります。これがポイントの1つ目です。

有期契約労働者の社会保険の加入条件

正社員と同じ所定労働時間の有期契約労働者については、以下のようになります。なお、労災保険はすべての労働者が対象となるため、当然ながら契約社員は加入することになります。

  • 雇用保険:原則として加入
  • 社会保険(健康保険・厚生年金保険):2か月を超える契約期間の場合には加入

なお、2か月以内の期間限定で雇用される場合、健康保険については「日雇特例被保険者」として取り扱われますが、契約更新された場合には期間満了の翌日から通常の被保険者となります。

パート有期契約労働者の社会保険の加入条件

次に、正社員より所定労働時間の短い、いわゆるパート有期契約労働者については、以下のようになります。

  • 雇用保険:週の所定労働時間が20時間以上であり、かつ31日以上の雇用見込みがあれば加入
  • 社会保険(健康保険・厚生年金保険):週の所定労働時間が正社員の4分の3以上であり、かつ2か月を超える契約期間の場合には加入

契約社員で社会保険なしはありえる?

こうして見ると、契約社員が社会保険に加入していないケースというのは例外的と言えます。

特に、パートと契約社員の雇用区分が別々に存在していれば、おそらく契約社員の所定労働時間は正社員とほぼ同じでしょうし。

その一方で、そもそも事業所が社会保険の適用事業所でない場合は、その事業所で働く契約社員も非加入となります

実は、社会保険・労働保険といった公的な保険の場合、まず事業所として強制適用・任意適用が判断され、その次に、事業所で働く労働者が加入できるかどうか、つまり被保険者となれるかどうかが判断されることになります。

社会保険の適用事業所となるかどうかをまとめた表は以下のとおりです。

区分 対象事業所
強制適用
  1. 法人の事業所で、常時労働者が働く事業所(事業主1人の場合も含む)
  2. 常時5人以上の労働者が働く個人事業所
任意適用
  1. 常時5人未満の労働者が働く個人事業所
  2. 常時労働者の人数に関係なく、強制適用の2から除外される業種の個人事業所

このうち、任意適用の2について補足しておきますが、常時労働者の人数に関係なく(つまり5人以上であっても)、農林水産業や旅館・飲食店・クリーニング・理容等のサービス業など、個人事業所で業種によっては任意適用となる場合もあります。

そのため、正社員や契約社員といった雇用区分の前に、事業所としての適用なのかどうか、これがポイントの2つ目になります。

なお、社会保険・労働保険の基礎知識については以下の記事で詳細に解説していますのでご参考ください。

社会保険・労働保険の基礎知識:種類・加入条件などを詳細解説!
社会保険・労働保険の基礎知識として、社会保険の定義・種類・加入条件などを詳細に解説します。特に加入条件の部分はよく質問を受けますので念のため確認しておきましょう。

まとめ

契約社員の社会保険の加入条件について理解できましたか?

契約社員の定義、正社員やパートとの違い、無期転換の5年ルールなど契約社員の人事労務に関する基本的事項は以下の記事で解説していますので、併せてご参考ください。

契約社員と正社員の違い・5年ルールなどの契約社員に関する基礎知識!
契約社員の定義、正社員・パートとの法的な違い、無期転換ルールなどの契約社員に関する基本的事項を詳細に解説します。

社会保険の手続きに対応したオススメのクラウド労務ソフト

今回は契約社員の社会保険の加入条件について解説しましたが、社会保険や労働保険の手続きをクラウドを利用して自動的に行えることをご存知ですか?

給与計算ソフトのクラウド化は現在すごい勢いで流行していますが、社会保険や雇用保険の手続きを自動化できるクラウドソフトはまだまだという状況です。

そんな中、クラウド労務ソフトSmartHRは「すごいベンチャー100」にも選出され、社会保険・雇用保険の手続きを自動化し、労務の時間を1/3に、役所への電子申請も1クリックと、利用企業者数が5,000社を超え、毎月400社以上が導入している勢いのあるサービスです。

社会保険や労働保険の手続きというと、複雑な紙の様式に手書きで記入して郵送したり持ち込んだりという手続きを行っていたわけですが、隔世の感がありますね。

無料で試してみることができますので、まずは試しに登録してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、当事務所では、パートナー契約のクライアントに限定して代行業務を行うことがありますが、すべて電子申請で対応しています。

今どき、紙を印刷して、行政に持ち込むことなんてしていませんよ。。。

なお、SmartHRを実際に利用したレビューを記事にしていますのでご参考ください。

クラウド労務ソフトSmartHRのレビュー:親切な使い勝手に感動!
利用者が急増しているクラウド労務ソフトSmartHR、社労士として気になるところであり、使い勝手をレビューします。
契約社員の社会保険の加入条件を考える上で注意すべき2つのポイント
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

うちの会社はどんな評判なのだろうか、退職者が最近増えているけどもしかして同業他社に転職しているのだろうか、最近はそんな悩みを聞くことが増えています。

求人情報などの表の情報だけでなく、クチコミを調べるのは、今や求職者も会社の人事担当者も基本です。

求職者であれば入社予定の企業のクチコミ情報を集めますし、人事担当者にとっては自社・同業他社がどのようなことを言われているのかを分析することが重要です。

最近はこのような企業の内情を知るためのクチコミサービスは増えていますが、その中でも登録企業数は43万社以上、そして年収情報まで掲載されている国内最大級のキャリコネ転職サービス では企業の内部情報を無料で見ることができます。

今すぐ転職したいという人でなくても、現在の仕事で本当に良いのか、他社の状況を知っておくことは有用ですし、人事担当者としても自社の状況改善・他社の動向把握のためにもこうしたサービスを有効に活用しましょう。

キャリコネ転職サービス

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

中小企業の人事労務担当者の育成を中心に業務展開。専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師業も実施。

あべ社労士事務所の業務案内


定額・相談回数無制限のメール相談を利用して、いつでも気軽に専門家に相談できる体制を構築しませんか?

先月の1日・1社当たりの平均相談・回答数は8回(往復で1回と数えて)、名ばかりの顧問業はやっていません。

定額メール相談サービス


単発で相談したいという方に対しては、個別コンサルも行っています。

個別コンサルティング

error: Content is protected !!