管理職の法的な責任・労基法で使用者とみなされるので要注意

こんにちは。福岡の社会保険労務士・安部敏志です。

現場のマネージャーといった管理職の方々と話をしていると、ほぼすべての方が人事労務管理の重要性について強く同意されます。

ただ、残念なことに、ほとんどの方が、

  • 会社として人事労務管理を真面目に考える必要がありますよね
  • ほんと、人事に何とかしてもらう必要があるんですけどね
  • トップによって全然違いますし、うちのトップでは・・・

などと、まるで他人事のように発言されます。

今回は、「労働基準法における使用者とは」という点を軸に、実は管理職の方がリスクが高いということ、管理職の方が経営者よりも責任を追及されやすい理由、そして実際に責任が追求されているという実例をご紹介します。

スポンサーリンク

労働基準法における使用者の定義

まずは、労働基準法の中で、「使用者」というのが、どのように定義されているか確認しておきます。

労働基準法第10条
この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう。

この「その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者」というのが中間管理職などの管理職を指します。

使用者というと、事業主、つまり経営者だけを指していると思いがちですが、実は、中間管理職も使用者に該当することがあるということです。

ちなみに、中間管理職は労働者にもなりえます。

あくまで労働基準法の適用は、実態を踏まえるという点にご注意ください。

管理職の微妙な位置付けについては、以前も記事を書いていますのでご参考ください。

管理職だから残業代が不要? という疑問に法的・裁判例を含めて解説
未だに多くの企業では管理職=残業代なしと誤解されています。今回は、労働基準法の定める管理監督者と管理職の違いを徹底解説し、参考になる裁判例も紹介します。

労働基準法は誰に罰則を与えるのか?

ここが大事な点ですが、労働基準法では、使用者に様々な義務を課しています。

そして、先程ご説明したとおり、その使用者というのは経営者だけでなく中間管理職も該当します。

つまり、労働基準法違反で罰則がかかる、つまり加害者となるのは経営者だけでなく、管理職も十分なりえるわけです。

そして、冒頭でご紹介した、ついつい他人事のように考えてしまっている現場のマネージャーたちに、この使用者の概念を説明すると、途端に他人事から自分事になります!

実際に管理職は送検されている?!

誤解のないように言っておくと、これは決して脅しているわけではありません。

実態としてそのようになっていますし、むしろ、管理職こそ危ないんです!

なぜなら、経営者は、本当に現場に任せっきりで違反をしているという事実を知らなかったかもしれません。

もちろん経営者の責任が0にはなりませんが、普通に考えれば違反を追求するときには、「違反を知っていて放置した責任者はいったい誰なのか」ということになります。

そうすると、直属の上司は必ず違反を知っているはずですし、知らなかったとも言えません。。。管理職なんですから。

東京労働局のウェブサイトの送検事例を見てみると、管理職が送検された例として、以下のとおり掲載されています。

ちなみに、実際に送検されるときには、会社名は公表されます。

東京労働局過重労働撲滅特別対策班は、大手靴小売会社並びに同社の取締役及び店舗責任者2名を、労働基準法違反の容疑で、平成27年7月2日,東京地方検察庁に書類送検した。

84%の事業場は労働基準法に違反!実は簡単にできる3つの対策
厚生労働省・労働基準監督署による重点監督の結果、84%の事業場が労働基準法に違反していることがわかりました。今回は、簡単にできる3つの対策をご紹介します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会社の責任者は、もちろんトップである経営者ですが、法違反という観点から見ると、単なる道義的な責任と異なり、実際に違反を知っていながら放置した者が責任を問われることになります。

そもそも、経営者が社内のすべてを把握することは難しく、だからこそ管理職は置かれるわけです。

これまでの管理職というのは、年齢に応じて自然になっていたかもしれません。

ただ、これからの管理職は、他人事ではなく自分事として、組織の運営に責任を持ち、部下をしっかりとマネジメントできる人がなるべきではないでしょうか?

労働相談件数というのは以下のように増加し続けており、あなたの会社も他人事ではなくなるかもしれません。

あなたの会社は大丈夫? 労働相談件数は7年連続で100万件超え!
労働者からの職場のトラブルへの不満などに関する労働相談件数というのは、7年連続で100万件を超えています。その中で最も多いのが「いじめ・嫌がらせ」、いわゆるパワハラです。
Q&A部下をもつ人のための労働法改正 (日経文庫)
浅井 隆
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 253,091
管理職の法的な責任・労基法で使用者とみなされるので要注意
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!