マイナンバー対応でシステムを利用したときの保管期間と廃棄の関係

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

今週は、東京で労働関連法の改正・施行内容、それに伴う就業規則の実務的な整備に関するセミナー講師を務めてきましたが、その際に数多くいただいたご質問がマイナンバーに関する内容です。

今回はご質問いただいた中から、マイナンバーの保管期間と廃棄に関する内容を取り上げます。

スポンサーリンク

質問・システムに保管している個人番号はいつまで保管可能か?

個人番号の保管にシステムを用いている。

システムの中に個人番号を保管し、その番号を参照する形で国税関係の帳簿などに印刷するため、社員が退職しても個人番号をすぐには廃棄できない。

その場合、個人番号の保管は許されるのか?

回答

国税庁の「給与所得者の扶養控除等申告書等の保存期限」によると、源泉徴収義務者は、以下の申告書について、提出期限の属する年の翌年1月10日の翌日から7年間保存する必要があるとされています。

  1. 給与所得者の扶養控除等申告書
  2. 従たる給与についての扶養控除等申告書
  3. 給与所得者の配偶者特別控除申告書
  4. 給与所得者の保険料控除申告書
  5. 退職所得の受給に関する申告書
  6. 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
  7. 給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書

そして、個人番号の保管については、特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインのP31で以下のように解説されています。

給与所得の源泉徴収票、支払調書等の作成事務のために提供を受けた特定個人情報を電磁的記録として保存している場合においても、その事務に用いる必要がなく、所管法令で定められている保存期間を経過した場合には、原則として、個人番号をできるだけ速やかに廃棄又は削除しなければならない。

そのため、特定個人情報を保存するシステムにおいては、保存期間経過後における廃棄又は削除を前提としたシステムを構築することが望ましい

つまり、平成27年に提出した給与所得者の扶養控除等申告書等であれば、平成35年1月10日以降速やかに廃棄ということになります。わかりやすくイメージ図を作成してみました。

question-of-mynumber2016-711

これは、参照元となる個人番号も含みます。

いずれにしても、不明な場合は必ず特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインを参照するようにしてください。またガイドラインは今後も変更される可能性があるため、定期的なチェックも欠かさないようにしてくださいね。

2016/10/27追記

マイナンバーと就業規則の関係については、想像を超えて多くのご依頼・ご相談を受けたため、あなたがご自身でマイナンバーに対応した就業規則を整備できるように規程例を作成しました。もしマイナンバー対応でお悩みであればご参考下さい。

マイナンバー対応にお悩みの総務・人事担当者のために就業規則の規定例をまとめた冊子を開発しました。当事務所によくご質問いただく5つの疑問にお答えしながら、会社として求められるマイナンバー対応について、シンプル、かつ漏れのない規定例となっておりますのでご活用下さい。

なお、マイナンバー対応を行う上で、就業規則と別に検討しなければならないのが、取扱規程です。こちらについては以下の記事で解説していますのでご参考下さい。

マイナンバーに関して多くのご質問をいただきますが、今回は、基本方針・取扱規程に関する中小規模事業者の軽減措置に関するご質問に回答します。

マイナンバー対応のオススメのソフト

マイナンバー対応を行う上で最も重要な点は情報管理です。

システムで管理するのであれば、元データを一元的に管理し、必要なときにはそのデータを引用する形にしておく方が安全になります。

実際、当事務所のクライアントの多くが、以下の2つのサービスのどちらかを利用しています。

クラウドサービスの場合、出張時など離れた場所でも利用できますし、ソフトのアップデートも不要で、常に最新のサービスを利用でき、とても便利になったと喜んでいます。

どちらのサービスも無料で利用を開始できるため、まずは試しに登録してみてはいかがでしょうか?

なお、マイナンバー制度の実務的な対応でわかりやすい本を紹介して欲しいというご要望を多くいただきますが、実務的な手順・わかりやすさを抑えている点で、以下の本はオススメです。

本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

人事労務の秘訣メールマガジンを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日に、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば登録ください。

購読してみて、不要だと思ったら、すぐに解除できます。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。

登録の際のお願い

氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。

たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。

* 必須入力項目

フォローする


この記事を書いた人


安部敏志:社会保険労務士

「就業規則は会社内の働き方のルールであり、社内で自ら作れるようになるべき」という信念のもと、福岡県を拠点に、中小企業の人事担当者の育成に従事。
その他、専門雑誌等の記事の執筆にも積極的に対応。

事務所公式サイト:あべ社労士事務所

なお、同業の社労士から事務所運営や営業方法などの相談を受けることが増えていますが、当事務所は開業当時から この方法をそのとおりに実行しているだけです。

error: Content is protected !!