Work Life Fun

仕事も人生も楽しむ社労士

時間外労働の割増率は25%? 125%? 雇用契約書の割増率の記載に要注意

労働基準法令により、時間外労働(いわゆる残業)、休日労働、深夜労働に対しては、割増賃金の支払いが必要です。

そして、時間外労働・深夜労働には25%以上、休日労働には35%以上の割増率であることが法令で定められており、就業規則や労働条件通知書・雇用契約書で割増率の明確化が義務となっていますが、その記載に間違いがあると大変なことになるため要注意です。

割増賃金とは?

割増賃金は、文字通り、通常支払う固定の賃金に割増して払う賃金のことです。

労働基準法令では、

  • 1か月の合計が60時間までの時間外労働・深夜労働については、通常の労働時間の賃金の25%以上
    • ただし、60時間を超える労働について通常の労働時間の賃金の50%以上(中小企業への適用は2023年4月から)
  • 休日労働に対しては、通常の労働日の賃金の35%以上

の支払いが必要と定められています。そして、時間外労働、一般的に残業と呼ばれていますが、残業には以下の図のように実は2種類あることをご存知ですか?

この2種類の残業、つまり「法定労働時間を超えた残業」と「所定労働時間を超えた残業」については、以下の記事で解説しています。

関連:残業代の仕組みと計算方法・ 9割以上の会社が間違う部分を詳細解説

割増賃金率の書き方に要注意

最近ある会社の雇用契約書の「割増率」の部分で、以下のような記載を見て驚きました😱

  • 所定時間外超:100%
  • 法定時間外超:125%

驚いた理由がわかりますか?

実はこの記載はかなり問題です。当然ですが、お金が関係する部分には細心の注意が必要です。

例として、割増率10%の場合を考えてみます。割増率10%であれば、割り増すのが10%となるため、

  • 10 + 10 x 10% = 11万円

となります。それでは、所定時間外超の割増率125%となっていれば、どうなるでしょうか? 割り増すのが125%となるため、

  • 10 + 10 x 125% = 22.5万円

になってしまいます。ちなみに、所定時間外超の割増率100%となっていれば、20万円支払うことになります。

つまり、上の例は、法令の最低基準にあわせて正確に記載するなら、

  • 所定時間外超:0%
  • 法定時間外超:25%

と記載しなければなりません。なお、休日労働、深夜労働の割増率については以下の記載となります。

  • 法定休日:35%
  • 深夜:25%

まとめ

「法定時間外超:125%」と仮に間違って書いたとしても、2倍以上の金額を請求する人なんて常識的にありえない、という指摘はそのとおりです。

ただ、雇用契約・労働契約はれっきとした「契約」であり、しかも作成しているのは会社側です。

契約なので請求されれば払わざるを得ませんし、争う場合は常識を盾に争わざるを得ず、好意的に見ても「契約を安易に考えている会社」ですし、実際恥ずかしい状態を世間に広めてしまいます。

今回は、割増率の話ですが、就業規則や雇用契約書など人事労務の重要書類について間違った記載となっているのはリスクしかありません。実際、これ以外にもびっくりするような記載となっている会社は結構あります。

記載内容に不安がある場合は、一度信頼できる社労士にチェックしてもらいましょう。

関連:労働条件の明示義務と労働条件通知書について図解解説!

【無料】効率的に人事労務の情報を入手しませんか?
  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える企業の経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない、本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しないため、情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。


up_line