Work Life Fun

仕事も人生も楽しむ社労士

溢れるデスクトップ画面をbashできれいにしませんか?

デスクトップ画面にショートカットアイコンが溢れている人がいます。

便利なことは否定しませんが、溢れすぎると、今度はそのショートカットがどこにあるのか探すことになっていたりする人も・・・

bashを使ってデスクトップ画面を整理整頓

Macではbashを使ってショートカットコマンドを登録することで、デスクトップ画面のショートカットアイコンを一掃することができます。

先にメリットを提示しておくと、

  • 汚いデスクトップがきれいになる
  • aaa、bbbなど自ら作成したキーワードを入力するだけなので探す手間がない

キーワードを忘れても、設定ファイルを見ればよく、不便なら変えればよいだけ。

ちなみに、私は顧問先ごとにフォルダを作っているので、キーワードは顧問先の会社名にしています。

bashによるショートカットコマンドの設定方法

まず、デスクトップ画面のショートカットアイコンダブルクリックするとフォルダが開くいうGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)の動作を分解すると以下のとおり。

  1. 保存先のフォルダへの移動
  2. 移動先のフォルダを開く

これを、CUI(キャラクタユーザインタフェース)の動作として示すと以下のようになります。

1. cd /client/aaa
2. open .

細かな部分ですが、1では絶対パスで記入しておくと、現在いるフォルダ(カレントフォルダ)の位置に左右されません。

そして、この2つのコマンドを「&&」で結び付け、コマンド名を「aaa」と登録し、bashの設定ファイルに書き込めば完成です。

$ alias aaa ="cd /client/aaa && open ."

ただ、bashの設定ファイルは以下のように様々なものがあり、私も忘れがちなのでまとめておきます。読み込まれる順番で書いています。

  1. /etc/profile:ログイン時に実行され、全ユーザーから参照される
  2. .bash_profile:ログイン時に実行される
  3. .bash_login:~/.bash_profileがない場合、ログイン時に実行される
  4. .profile:~/.bash_profile、~/.bash_loginがない場合ログイン時に実行される
  5. .bashrc:bash起動時に実行される
  6. .bash_logout:ログアウト時に実行される

参考:bash設定ファイルの一覧と読み込み順序まとめ

【無料】効率的に人事労務の情報を入手しませんか?
  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える企業の経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない、本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しないため、情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。


up_line