法人代表者が自社の産業医を兼任することは禁止になりました!

平成29年4月1日更新

こんにちは。福岡の社会保険労務士・安部敏志です。

労働安全衛生規則(省令)の改正(平成28年3月公布)により、平成29年4月1日から、法人の代表者などが、自らの事業場の産業医を兼任することが禁止されています。

なお、50人以上の事業場に義務づけられている産業医の職務や選任義務に関する基本事項は以下の記事で解説していますのでご参考ください。

産業医の職務と選任義務を基本からわかりやすく解説!
最近はメンタルヘルスの問題もあり産業医の役割が重要になっています。産業医の職務と法的な義務について基本からわかりやすく解説します。
スポンサーリンク

法人代表者による産業医兼任禁止の理由

今回の省令改正の趣旨が以下のとおりです。

産業医の選任については、労働安全衛生法において、事業者は、厚生労働省令で定めるところにより、医師のうちから選任することとされているところである。

一方、産業医として選任できる者の事業場等における役職については、法又は労働安全衛生規則で制限は設けられていないため、企業の代表取締役、医療法人の理事長、病院の院長等が産業医を兼務している事例がみられるところである。

しかしながら、労働者の健康管理は一定の費用を伴うものであるため、事業経営の利益の帰属主体を代表する者や事業場においてその事業の実施を統括管理する者が産業医を兼務した場合、労働者の健康管理よりも事業経営上の利益を優先する観点から、産業医としての職務が適切に遂行されないおそれが考えられる。

このため、事業者は、産業医を選任するにあたって、一定の者を選任してはならないことを定めるものである。

簡単に言えば、労働者の健康を確保するために事業主(労働安全衛生法では事業者)に意見を言うべき人が同一人物なのはおかしいでしょ、ということです。

以下の法律の実効性を担保するものとも言えます。

労働安全衛生法第13条第3項
産業医は、労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは、事業者に対し、労働者の健康管理等について必要な勧告をすることができる。
労働安全衛生法第13条第4項
事業者は、前項の勧告を受けたときは、これを尊重しなければならない。

まとめ

この省令改正により影響を受けるのは、病院やクリニックであり、大半の一般的な企業には関係ありません。

ただ、労働基準監督署への産業医の選任届を変更する必要があるので、念のため確認しておきましょう。

ただ、平成27年12月のストレスチェック義務化もありますし、労働者数50人以上の事業場では、改めて産業医や衛生管理者の役割を考え、本当に任せてよい人なのか見極める時期が来ていると言えます。

参考

法人の代表者などが、自らの事業場の産業医を兼任することが禁止になります(厚生労働省)

法人代表者が自社の産業医を兼任することは禁止になりました!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

中小企業の人事労務担当者の育成を中心に活動。その他、労働法令に関する専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師にも対応。詳しくは業務内容のページをご参照。

error: Content is protected !!