私の人生観を変えた「佐藤可士和の超整理術」

オススメの本を教えて欲しいと言われることが多いのですが、私の人生観を変えた本として挙げるのなら「佐藤可士和の超整理術」です。

出会ったのはシンガポールで働いていたときですが、この本を読んだときは衝撃を受けました。それ以来、何度も読み返しています。

整理術の基本

同書の推奨する整理術は、レベル1からレベル3までの3段階に分けられており、レベル1は空間、レベル2は情報、レベル3は思考の整理術です。

整理術というのは、いかにプライオリティ(優先順位)をつけ、本質的な部分を追求するかということです。

整理術とは、整理のための整理ではなく、快適に生きるための本質論。

デスク周りなどの空間から仕事上の問題、人間関係に至るまであらゆる場面に応用できるのです。

サラリーマン時代に実践した手ぶら通勤

レベル1は空間の整理術、つまり身近なカバンの中身の整理から、デスク周りなど物理的な部分の整理です。

同書の中で、カバンの中身を整理し、本当に必要なものだけを厳選し、その結果、手ぶらで通勤しても構わないことに気づき、手ぶら通勤をはじめたら、信じられないほどの開放感を得た、という部分があります。

同書を読んだ多くの方が、実際に手ぶら通勤をはじめたようで、当時「手ぶら通勤」と検索すると多くの方の実践例を見つけたものです。

もちろん、私も手ぶら通勤をはじめたことは言うまでもありません。

当時は片道1時間半もの通勤時間でしたが、それでも手ぶら通勤を実践できたのは、iPhoneの力が大きかったです。今では競合製品も多くなりましたが、やっぱりiPhoneって当時は衝撃的な製品でしたね。

情報と思考の整理術

レベル2は情報の整理術、レベル3は思考の整理術です。

レベル1・空間の整理術を実践するには、1つ1つのモノに対してプライオリティ(優先順位)をつけていくことが必要です。

それを情報、思考にも応用していくという考え方ですが、これは当時流行したGTDの概念にも共通するものです。

関連:GTDを実践して膨大な業務・日々のストレスから完全に解放された!

情報が溢れている今のような時代だからこそ、情報・思考を整理し、本質的な部分のみを抜き出す作業が欠かせません。

文章を書くとき、プレゼンをするときなど言語化するためには、いかに相手にポイントを伝えることができるかが勝負になります。

文章力向上に役立つ本については以下の記事で紹介していますのでご参考ください。

関連:社会人の文章力の向上に絶対オススメできる「入門 考える技術・書く技術」

まとめ

最後に、この本の最もすごいところは、この本自体がまるで1つのプレゼンのように理路整然と構成されている点です。

年間100冊程度の本を毎年読んでいますが、この本ほどすっきりした読後感を味わったことはありません。

私の人生観を変え、結果的に人生まで変えてしまった佐藤可士和の超整理術はかなりオススメです。

後生、私の人生を変えた1冊を聞かれるようなインタビューを受けることがあったら(ないでしょうけど・・・)、間違いなくこの本は入ります。

人事労務の秘訣を紹介するメルマガを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日(次回は2019/7/3に配信予定)に、人事労務に悩む経営者・担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、人事労務に関係する参考情報、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば登録ください。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。購読して不要だと思ったら簡単に解除できます。

登録の際のお願い
氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。
* 必須項目


記事が参考になったらシェアをお願いします。


あべ社労士事務所では、会社の人事労務の実務を行う上で必要な規程や様式類などをご提供しています。実務でお悩みの方はご参考ください。