新社会人の文章力向上にオススメの「入門 考える技術・書く技術」

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

いよいよ明日から新年度ですね。

さて、社会人に求められる力は様々ですが、仕事柄、強く感じるのが文章力の問題です。

アマゾンの創業者ジェフ・ベゾスも以下のように言っています。

自分の考えを完全な文章と完全なパラグラフで書き表そうと思うことで、深く明快な思考が喚起される。

日本人だから日本語を書けるのは当たり前と思うかもしれませんが、実際はそうでもありません。

文章を書くときに大切なことは論理です。思っていることを実際に書いてみると論理が矛盾していたり、論理が不足していることはよくあります。

誤字脱字というのはあってはならないものですが、仕方のない面もありますし、実際私もついついしてしまいます・・・

ただ、論理が破綻した文章というのは見るのも嫌です。「何を伝えたいんだろう」、「言外に含みがあるのだろうか」、論理が破綻した文章というのは読むのに疲れます。

もちろん、論理的かつ簡潔な文章を書くために、私も精進を続けている最中です。私のメインの業務である就業規則の作成・修正などは論理的文章の最たるものですから。

ということで、今回は、論理的な文章作成を仕事にしている私自身が多くの本の中からこれが一番だと認める、新社会人への教育にオススメな本をご紹介します。

スポンサーリンク

社会人に求められる文章力とは?

社会人として求められる文章力とは、伝えたいことが一発で伝わるものです。

受け取った人によって解釈が異なる文章というのは失敗です。いかに感情を消し去り、論理的な文章を書けるか、そこに力量が問われるわけです。

そして絶対に理解しておかなければならないことは、

書くことを決めるのは書き手ではなく読み手

であるということです。学生と社会人が書く文章で最も違うのはこの点です。

ビジネスにおける文書で、何について書くのかを決めるのは、あなたではありません。それは読み手です。

あなたは読み手の知りたいことを、読み手の関心に向かって書かなければなりません。読み手となるのはたいてい上司か外部のお客様です。読み手は忙しいので、自分に関係のないあなたの関心事や思いつきに付き合っている暇はありません。

そして常に、読み手が誰なのかということを意識して書くようにしましょう。

入門 考える技術・書く技術

元々、私は国家公務員として仕事柄多くの文章を書いていましたし、若いときから上司や先輩にかなり鍛えられていたため、文章力にはある程度の自信を持っていましたが、そんな状況でも、この本からは当時多くのことを学びました。

今でも、たまに読み返し、勉強を繰り返しています。

2011年に出版された本ですが、これは自信を持って名著と言えます。著者は山崎康司さんという方ですが、元々、山崎さんは、ライティングの有名な本である考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則を翻訳された方です。

そのため、「入門 考える技術・書く技術」は、当然「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」をベースにしているのですが、日本語の約8割には主語がない、複雑な接続詞の問題など、日本語特有の問題を解決するために書かれた「日本人による日本人のための実践ガイド」的な本となっています。

入門 考える技術・書く技術
山崎 康司  
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2,109

まとめ

私は、元々、国家公務員として法令や通達など堅い文章を書く仕事をしていました。いわば、文章によって多くの組織や人を動かす職業であったため、上司や先輩には本当に鍛えられました。

「お前の書く文章は幼稚だ」と1年目のときにはよく言われましたし、上司による文章チェックでは、ほとんどが赤字で修正されていました。A4一枚の文書で、5回やり直しをしたこともありますし。。。

ただ、思い返してみると、他人の文章を修正するというのは、自分で一から文章を書くよりも大変なことであり、本当に感謝しかありません。

そんな経験もあって、今では、私も文章には正直うるさい方だと思います(^0^)

だから、以下のような記事を書いてしまうわけですが・・・

規程と規定の違いとは? 法的に全く違うこの2つを詳しく解説!
今回は、当事務所が就業規則の見直しのご依頼を受ける中で気づいた初歩的なのに間違いがちな「規程」と「規定」の違い、そして「就業規則」と「規程」の関係について解説します。

最後に、レポート・ライティングの重要性を伝える以下の文章を「入門 考える技術・書く技術」から引用します。新社会人に強くオススメできる本書ですが、新社会人でない方ももし文章力に自信がなければ、練習問題も豊富にありますので、一度チャレンジしてみてはいかがですか?

私もチャレンジしています(^0^)

ライティングに関する意識や教育の日米格差は歴然ですが、問題はそれだけにとどまりません。ビジネスがスピード化し、Eメール1本で相手を説得したり、スライド・プレゼン一発で重要事項を決定したりすることが当たり前となった今、もはやグローバル企業ではライティングの下手な人は出世が困難となっているのです。それが現代の趨勢です。

新社会人の文章力向上にオススメの「入門 考える技術・書く技術」
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!