Googleスプレッドシート・1つのセルの複数データを一瞬で分割する方法

MicrosoftのOfficeは利用していますか?

Word、Excel、Powerpointは、役所時代のデフォルトアプリでしたし、クライアントとのやり取りでは今でも必要になるアプリです。

でも、本音を言うと、私はOfficeは大嫌いです。突然落ちるし容量が大きくなると動作がもたつくし。今はかなり改善されているのかもしれませんが。。。

今回は、そんなOffice大嫌いな私が愛用しているGoogleスプレッドシートの基本テクニックの1つをご紹介します。

1つのセルに入った複数のデータを一瞬で分割

政府の発表資料には都道府県別の情報が含まれることが多々あります。

この中で、上位10位などを抽出する場合、最もやりたくないのが、一つ一つのデータを見ていくことです。

47個のデータなので不可能ではありませんが、面倒ですし、目が疲れます。

ということで、表計算ソフトに貼り付けて並び替えることができれば、一瞬で上位10位などがわかるわけですが、PDF資料の場合、普通に貼り付けると図のようなことになってしまいます。

そんなときには、Googleスプレッドシートを利用しましょう。

  1. 分割したいセルをすべて選択します
  2. 次に「データ」をクリックし、その中の「テキストを列に分割」をクリックします

すると、データが何によって区切られているか質問されます。

今回は、スペースで区切られているデータなので「スペース」を選択します。

で、無事にデータが分割されました。しかも、一瞬で!

まとめ

仕事を行う上で、日々の業務をいかに効率的・簡素化するかという点は重要です。

平均的なビジネスマンは、探し物をするためだけに1年間で約150時間を費やしているという調査があるそうです。

だからこそ、私は整理整頓を重視していますし、紙などのアナログ情報も可能な限り検索可能な状態でスキャンしデジタル情報にするようにしています。

私はMicrosoftのOffice以上にムダな時間が大嫌いです。

そのため、時間を短縮できるような方法があったら、最初はそれを学ぶのに時間をかけても、結果的に時間の節約になると信じています。

ちなみに、Excelでも同じことができると思いますし、もっと簡単な方法があればぜひ教えてください(^0^)


最近は池上さんの本にハマっており、立て続けに以下の3冊を読みました。

恥ずかしながら、テレビでわかりやすく解説する人という印象しかなかったのですが、広く深い知識、なによりジャーナリストとしての「原理主義」「頑固さ」に惹かれています。日本国憲法も久しぶりに読みました。

人事労務の秘訣を紹介するメルマガを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日(次回は2019/1/9に配信予定)に、人事労務に悩む経営者・担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば登録ください。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。購読して不要だと思ったら簡単に解除できます。

登録の際のお願い
氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。
* 必須項目