Work Life Fun

仕事も人生も楽しむ社労士

SQLiteからCSVファイルへ書き出す方法

PHPのフレームワーク「Laravel」で、顧問先のみが閲覧できる会員制Webアプリや、業務に役立つ便利なWebアプリを構築・運営していますが、Webアプリと切っても切れない関係なのがDB(データベース)。

そんなDBとして愛用しているのが、パブリックドメインの軽量な関係データベース管理システム (RDBMS) である「SQLite」です。

といっても、Laravelのデータベースクエリビルダが優秀すぎて、SQLiteを直接操作することはありません。ただ、そうすると、SQLiteを直接操作するとき、ごくまれにしかありませんが、操作コマンドを忘れてしまうんですよね。。。😅

SQLiteの起動

SQLiteの起動は、以下のコマンド。

$ sqlite3 ファイル名

すると、以下の状態になり、ここからSQLiteのコマンドを利用して操作できるようになります。

$ sqlite>

SQLiteからCSVファイルへ書き出すコマンド

以下のコマンドを順に実行すれば、CSVファイルに書き出すこと(エクスポート)ができます。

$ sqlite> .headers on
$ sqlite> .mode csv
$ sqlite> .output output.csv
$ sqlite> SELECT * FROM customers;

参考:Export SQLite Database To a CSV File

SQLiteの終了

SQLiteを終了するときは、.quit または .exitです。私はよく「.」を忘れて終了できず、焦ることがあります。

$ sqlite> .quit

まとめ

Webアプリの構築の勉強を始めた当初は、SQLiteは手軽で初心者向き、だから早く卒業して本格的にMySQLやPostgreSQLを使いこなさなければならない、と思い込んでいました。

しかし、そんな勘違いは「利用者は数十億人!? SQLiteはどこが凄いデータベース管理システムなのか調べてみた」を読んで一変しました。

AndroidやiOSにSQLiteが組み込まれているとは知りませんでしたが、よく考えたら当然ですね。

なにより、SQLiteはシェルスクリプトから容易に使えるという利点は大きいですし、今後も私が構築していく規模感のWebアプリならSQLiteがベストと言えます。むしろ、お釣りが来るほどですし🤣

【無料】効率的に人事労務の情報を入手しませんか?
  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える企業の経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない、本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しないため、情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。


前の記事へ
次の記事へ
up_line