Work Life Fun

仕事も人生も楽しむ社労士

フォルダ内のファイル名を一括コピーして資料目次・一覧を作成する方法(コマンドls)

会議の議事次第などで、配布資料の目次・一覧を作りたいときってありませんか?

役所ではよくあります。前職の公務員時代は、審議会だけでなく、有識者を加えた委員会が多く開催され、よく以下のような配布資料の目次・一覧を作っていました(第44回労働政策審議会議事次第から拝借)。

フォルダ内のファイル名の一覧を出力するコマンド:ls

フォルダの中のファイル名を配布資料の目次・一覧としたいときに、意外と多くの人がやりがちなのが、

  • 1つ1つのファイル名を選択してコピペする

という方法ですが、実はかなり簡単な方法があります。

  • Windowsでは、PowerShell
  • Macでは、ターミナル

を使って、以下のコマンド「ls」を入力し、出力されるテキストをコピペするだけです。

$ ls

ただ、「ls」だけだと、2つずつファイル名が出てきてコピペしにくいですね・・・

そこで、出力情報を1件ずつ表示してくれるオプション「-1」を「ls」の後に加えています。

$ ls -1

簡単でしょ? このたった2文字のコマンドを入力するだけです。役所時代に同僚に教えたら感動されました。

CUIによるコマンド操作を覚えたら、かなりの業務効率化を図ることができるため、オススメです。

関連:PowerShellやターミナルの「黒い画面」に慣れたら便利

なお、lsコマンドの豊富なオプションは以下をご参考ください。

参考:【 ls 】コマンド――ファイルを一覧表示する

【無料】効率的に人事労務の情報を入手しませんか?
  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える企業の経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない、本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンを配信しています。

過去の配信分は公開しないため、情報が必要な方は、いますぐ以下のフォームから購読の登録をしてください。購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。


up_line