管理職が無意識にしてしまう典型的な3つのダメな指示

管理職ともなると、様々な案件が並行する中で、スピード感をもって判断を下すことが求められます。

しかし、部下から報告・相談される案件の中には、情報不足で判断を下せないケースというのもあるでしょう。

そんなとき、管理職である上司は部下に指示を出すことになりますが、適切な方法・タイミングで部下に指示しなければなりません。

部下から指示した内容と違う報告があがってきた場合、部下のせいにしてしまいがちですが、実は指示が悪い場合の方が大半です。

指示間違いのマネジャーは大抵の場合、自分の指示ミスに気がついていない。
(ピーター・ドラッカー)

違う報告の場合、部下にムダな作業をさせたことになりますし、また、労務管理上の問題、つまり最悪の場合、パワハラとも言われかねない事態になってしまうこともあります。

今日は、管理職が陥りがちなダメダメ指示を回避するための、3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

1. 期限を定める

優秀な部下ほど、上司の期待に応えようとします。

期限を定めず指示をした場合、優秀な部下であるほど、なるべく早く、極端な場合、その日に仕上げようとします。

いつまでに必要なのかを必ず示すことです。

また、2にも関連しますが、思いつきで指示する人は、指示の数が多くなりますので、部下はいつも必死に指示をこなしている状態になり、部下自身のタイムマネジメント能力の向上が見込めなくなります。

2. 背景を説明し、成果品のイメージを共有する

思いつきで指示する上司というのは必ずいます。

まず、なぜその資料が必要なのか、どう活用するのかを自ら考え、一旦熟成させる必要があります。

結果的にその資料を使わないことは当然ありえますが、仮説とその実証のために必要であり使わない可能性があるとわかっていないと、作業をした部下は大変な徒労感を感じます。

また、部下がなぜその資料が必要なのかわからない場合、イメージと違う資料が出てくる可能性もあります。これは時間の無駄ですし、そもそも、これは指示を出した上司の責任です。

3. 時間外に指示を出さない

アイデアというのは職場で出そうと思っているときよりも、むしろリラックスした状態で出てくるものです。

特に良いアイデアだと思った場合、急いで部下に指示を出したくなるものです。

その気持ちはわからないでもないですが、時間外に指示を出すことはやめるべきでしょう。

指示の内容によりますが、時間外労働、つまり残業と判断される可能性が高くなりますし、そのような指示が頻繁にある場合、パワハラにもなりかねません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特に1や2は、わざわざ言わなくても大丈夫だろう、わかってるだろうと上司は思いがちです。

しかし、情報の共有というのは、自分で思っている以上に、うまくいってないものです。

しかも、経験の浅い若手社員に指示をする場合には注意が必要です。指示内容がわからなければ、部下が質問すべきだと考えるのも間違いです。

部下から上司に質問するのは、想像以上に勇気がいるものです。

いつでも質問できるような雰囲気を出しておくのも管理職としての器の大きさによりますが、それよりも明確な指示を出す方がお互いに時間の無駄を省けます。

今回ご紹介した3つのポイントが、あなたの管理職としての今後の業務のお役に立てば何よりです。

管理職が無意識にしてしまう典型的な3つのダメな指示
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!