契約社員の期間を決める際の法律上の留意事項とは?

契約社員の契約期間はどのように決めていますか?

手続きが面倒なのでなるべく長めの期間にしたいという企業もあれば、最初は試用期間の意味合いを込めて1年単位という企業もあり、対応はバラバラのようです。

今回は、契約社員の契約を決める際の法律上の留意事項、実務的な部分の解説を行います。

なお、今回の記事は、実際に当事務所にいただいた契約期間に関係するご相談をもとに作成しており、その際の回答もご紹介しています。

スポンサーリンク

契約社員の契約期間とは?

契約社員との契約というのは、労働基準法第14条に基づき、原則として3年が上限になります。

例外として、専門的な知識等を有する労働者、満60歳以上の労働者の場合は、5年が上限となります。

労働基準法第14条(契約期間等)
労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年(次の各号のいずれかに該当する労働契約にあつては、5年)を超える期間について締結してはならない。

契約社員の労働条件とは?

なお、よくある誤解なので補足しておきますが、契約社員と契約する場合、正社員に対して行っている手続きがすべて不要と思い込んでいる経営者がいます。

契約社員というのは、あくまで労働契約の期間が定まっているというだけであり、手続きとして免除されるものはありませんし、むしろ、労働条件通知書のように必要要件が増える場合の方が多いので要注意です。

労働条件の明示義務と労働条件通知書について図解解説!
今回は人事労務管理の基本中の基本である労働条件の明示について、労働条件通知書と交錯するやっかいな点を図解して解説します。

実務的な対応:契約期間はどのように決定する?

さて、ここからは、実際にいただいたご相談です。仮に、A社、A社の契約社員Bさんとしておきます。

先程解説しましたように、契約社員との契約というのは、労働基準法第14条に基づき、原則として3年が上限になります。

法的にはあくまで上限が定められているだけですから、3年以内であれば、2年、2年半、2年11か月、どんな期間でも良いわけです。

A社は、契約社員と契約する際、契約の開始時期に限らず、上限ぎりぎりの3年で契約していました。

つまり、4/1に契約を開始した場合は3年後の3/31まで、10/1に契約を開始した場合は3年後の9/30まで契約していたわけです。

Bさんの場合の契約は、なんと、1/15開始、そして3年後の1/14という中途半端な時期に終了することになっていました。

それに気づいたA社の人事担当者が、Bさんに直近の3/31まで残ってもらうようにお願いしたが、Bさんは既に他の会社で働くことが決定していたため断られた、どうすればよいだろうかというご相談を受けたわけです。

今回のポイント

途中で解説しましたように、あくまで法律で定められているのは上限なのですから、3年以内であればどのように期間を決めても良いわけです。

そのため、A社は契約期間としてきりの良い数字で契約を結んでいたわけですが、本来は実務的な影響を考えて、会計期間を考えた期末や年度末などにしておくべきだったでしょう。

また、すべての契約社員の契約期間満了時期が一度に重なるよりは、半分ずつにするなどの工夫も必要でしょう。

いずれにしても、労働契約というのはあくまで契約です。

中途半端な期間の延長となると、あくまでA社の都合であり、Bさんにお願いするしかありません。

Bさんは契約に従っているだけであり、そんな契約期間にした企業に責任があるわけです。

まとめ

今回のようなケースは意外と多くあります。

あなたの企業が、日本でNo1の人気がある会社なら、契約社員からもぜひ延長したいと希望が殺到し問題はありませんが、優秀な人であれば、色々なところからお誘いがかかりますし、契約社員だからと安心していたら、すぐに奪われます。

退職というのは防ぎようがありませんが、少なくともダメージを小さくするための手だては準備しておきましょう。

参考

契約社員の期間を決める際の法律上の留意事項とは?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!