愚痴1つ1つが人事の問題! 経営難の星野リゾートを救った強烈な方法とは?

今回は、日経ビジネスアソシエ2015年01月号「先送りゼロの仕事術」の星野リゾート代表・星野佳路氏のインタビューをもとにした記事です。人事労務管理面から見てもとても濃い内容です。

ちなみに、これまで専門誌以外の雑誌はあまり読んでませんでした。

だって、ある号で「仕事の基本はホウ・レン・ソウ!」と特集していたと思ったら、別の号では「やっぱり仕事にホウ・レン・ソウはいらない!」といった特集をしていたりしますし。。。セッソウガナイノデハ???

まあ、売ってなんぼという商売なので、別に構わないのですが、結局断片的な知識しか得られないということです。

とはいいつも、やはりトレンドを抑えておくということは必要なので、最近はちゃんと読んでます。

スポンサーリンク

再生を成功させるプロセスとは?

Q: 経営難に陥った多くの施設の再建に成功されました。問題解決の秘訣は?
A: 実は、「再生」を成功させるには、順番、プロセスがあります。最初にすることは、「スタッフのモチベーションを上げること」です。スタッフにとって「いいニュース」から始めるんです。(中略)
「いいニュース」というのは例えば、「会社の情報を皆さんに公開します」「言いたいことを直接、言いたい人に言ってもらえるようなフラットな組織にします」とスタッフに伝え、「いいチーム」の土台を作ることです。

人材あっての組織とは言いますが、まさしく名経営者というのは人材に目を向けるものなんですね。

まずは組織としての統制が必要と思いますが、最初からモチベーションを上げていくところがすごいです。これは伝え方という点で説明されていますが、何よりもモチベーションが大事であると本心から思っているからできるのでしょう。

仕組みと組織文化が重要!

社内の情報共有を阻害する一番の要因は、役職の多さといった組織の仕組みではなく、組織文化です。
情報の行き来が悪い組織文化のままで、現場の声を吸い上げるための「仕組み」だけ作っても、大した効果は上がらない。
フラットでない組織、人間関係の下では、情報は隠される傾向にあります。
隠された情報はどうなるか。愚痴になるんです。

これはまさにそのとおりですね。経営者や管理者はよく言います。「何でも言い合える組織になろう」とか「悪い情報こそ迅速に報告せよ」って。

で、実際に悪い報告や苦言を呈するとどうなるか?

不機嫌になったり、「お前のやり方が悪かったんじゃないか」と説教されたりするんです(笑)経験ありませんか?

引用した箇所では「仕組みではなく組織文化」といっていますが、内容を見る限り、仕組みと組織文化の両方の対応が必要ということでしょう。

組織の階層ではなく、組織文化として「フラット」という言葉を使っているのでしょうが、やはり階層もできるだけフラットに近づけておかないと難しいと思います。

現実的に考えると、課長や部長など役職が多ければ、その分、遠慮して情報が制限されていくのが現実の組織です。

会社への愚痴は人事の問題

愚痴一つひとつが、人事の問題であり、設備投資の問題なのです。そうした経営に関わる小さな課題を、愚痴という形で議論している。いくら議論しても、その場に意思決定できる人がいないから、結局は結論がでないわけですが、そうした問題・課題が経営のテーブルに上るといいと、常々思っていました。(中略)
愚痴がたまった結果、最後は辞めていくわけで、スタッフや社員が会社を辞める本当の理由は「一身上の都合」ではなく「業務上の都合」だと思っています。
だからこそ、愚痴を直接、会議のテーブルに上げられるような風通しのいい会社にしたかった。

こんな会社で働きたいものです。でもこんな経営者ばかりだと、新橋の居酒屋は商売上がったりかもしれません。。。

このインタビューでは数々の名言が出てきます。

  • 会社への愚痴は人事の問題
  • 社員が会社を辞める本当の理由は、一身上の都合ではなく「業務上の都合」

本当に一身上の都合かどうかは、辞めた後も連絡を取り合える関係かどうかです。同僚でなく、元上司とも連絡を取り合える関係かどうか、これでわかります。

おそらく大抵の場合、連絡を取り合うことはないと思います。それは一身上の都合ではないからです。ちなみに携帯番号が変わっていたら決定的です。

なお、会社の歴史を示すと忠誠心が増すという研究結果もあります。創業からの歴史や創業者の想いというのは、お客さんの立場になると意外と知りたいものです。

社員のモチベーションアップには会社の歴史を示すと良いという研究結果!
今回は、会社の歴史を示すことで社員の忠誠心がアップするという面白い研究結果を紹介します。

今回ご紹介した内容が掲載されている雑誌はkindleでも購入できますので、見逃した方はぜひ読んでください。この特集だけでも読む価値ありです!

愚痴1つ1つが人事の問題! 経営難の星野リゾートを救った強烈な方法とは?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

中小企業の人事労務担当者の育成を中心に業務展開。専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師業も実施。

あべ社労士事務所の業務案内


定額・相談回数無制限のメール相談を利用して、いつでも気軽に専門家に相談できる体制を構築しませんか?

定額メール相談サービス

error: Content is protected !!