人事の「採用」は子供の遊び?Googleのデータ分析と衝撃の結果!

昨年、「人事部門の「採用ごっこ」に終止符を打つべきだ 〜誰も幸せにならない子供遊び〜」という議論を巻き起こす記事が話題になりました。

スポンサーリンク

人事は本当に不要な組織なのか?

私自身は、職業柄、人事が不要な組織とは思っていません。

ただ、上の記事にあるようなことしかやっていない人事部門であれば、間違いなく不要でしょう。単なる手続きだけなら、数名の「作業」をする人がいれば良いし、ほとんどは外注してやってもらえば良いだけです。

人事担当に求められる資質については以下の記事で書きましたが、その中でも顧客視点のない人事は存在意義が問われます。

人事担当に求められる3つの資質とは?
50名規模の会社の場合、総務・人事担当は1人だけ、多くても2人という会社がほとんどです。今回は、人事に向いているのはどんな人かという切り口で、人事担当に求められる3つの資質について解説します。

話題となった記事、特に以下の部分については、私も同意見です。

画一的な指標で何となく判断して人選した気になってる「子供遊び」。現場を知らずして適性が分かるとする勘違いの「ママゴト」。そんな事に膨大な数の学生達が巻き込まれているのが就活の実体です。就活ノイローゼ、就活自殺に代表される就活を取り巻く悪の根源は人事部門にあると言っていい。

失うものは何も無い立場から上から目線で学生を裁く快感に浸り、人の人生を弄ぶゲームに興ずる。時には内定辞退者にブチ切れて恐喝する一方、仮に採用した学生が10日で辞めても責任は取らず、科学的学習もせず同じ過ちを繰り返す。そんな「採用ごっこ」で学生を疲弊させるのはもうやめるべきでしょう。

そもそも「人事」と書いてなんて読みますか。「ヒトゴト」と読みますね。

Googleが自社をデータ分析して得られた知見

で、対照的なのが以下の記事です。Googleが自社社員をデータ分析して得られた知見をまとめている内容です。

先程の記事では、「独立した人事部門は諸悪の根源」、「科学的に分析して繰り返し判断するPDCAが回されているべき」とも書いてあります。

その答えが、まさに以下の記事にあります。

参考

Googleは、直感に頼らない、エビデンスベースのアプローチをとることで、昔から言われている「優秀なチームを構築する知恵」の数々を覆してきました。例えば同社では2年に1回、全社員が上司を12~18の要素について評価する「上方フィードバック評価」を行なっています。これまでにGoogleの採用プロセスに参加した志願者は数万人に上るため、面接の結果と実際の業務における成功を関連づけるだけのデータは、十分に集まっているのでしょう。

面接での質問を分析した結果、リーダーは予測可能かつ一貫していなければならないことが判明しました。上司が予測可能であるほど、部下の進捗を邪魔する障害物(上司自身)をなくすことができます。上司とは一般的に、干渉・指図・口出し、出しゃばりをする傾向があるものですが、この障害を取っ払ってしまえば、部下は安心して仕事を進めることができるのです。そのため部下の心には、優れた仕事をするための余裕が生まれます。

何より、この記事を読んですごいと思ったのが、創業者のLarry PageとSergy Brinの採用方針が、このデータ分析の知見によって、変わったことです。

創業者の採用方針は間違っているよとデータが示したことで、創業者も納得したというところです。

データはその分析により恣意的に作成されることも可能という印象を持っていますが、創業者が自身の考えを翻してしまうほどの、データ分析というのはとても興味がわきますね。

人事の「採用」は子供の遊び?Googleのデータ分析と衝撃の結果!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!