戦略人事とCHROに求められる役割とは? ポイントはG3体制!

私が毎月欠かさず読んでいる雑誌の1冊に、ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)がありますが、HBR・12月号の特集は「戦略人事」、サブタイトルは「人事は管理部門から脱却できるか」です。

まさに本サイトにぴったりのテーマですし、人事労務管理に関するご相談に対応する中で日々感じていた違和感にも、大胆な提言を示してくれています。

今回は、この「戦略人事」という特集の中から、もっと経営戦略に役立つ人事の役割はないかと志向している経営者向けの内容をご紹介します。

スポンサーリンク

企業の価値を生み出すのは事業ではなく人材

今回の特集の中で、一貫して取り上げられているのが、

価値を生み出すのは事業ではなく人材

という点です。経営者が事業を考えるとき、通常は以下の順番ではないでしょうか?

  • どんな新規事業を行うか(何を?)
  • どのような方法で行っていくか(どのように?)
  • 誰が担当するか?

しかし、成功する企業、特に「偉大」な企業はその順番が違うようです。

世界的名著であるビジョナリー・カンパニー2では、過去の偉大な企業に関する検証から、以下のように結論づけています。

このバスでどこに行くべきかは分からない。しかし、分かっていることもある。

適切な人がバスに乗り、適切な人がそれぞれふさわしい席につき、不適切な人がバスから降りれば、素晴らしい場所に行く方法を決められる。

まず「人」を決め、その後に「目的地」・「方法」を決めるわけです。今回の特集でもサイバーエージェントの藤田社長のインタビューがありますが、そのタイトルが「人材が先、事業は後」となっているのも同じです。

CHROは経営者たれ!

「戦略人事」の中で、特に経営者にオススメしたいのが、「CHROは経営者たれ」という特集です。

ちなみに原文のタイトルは、People Before Strategy(戦略の前に人): A New Role for the CHRO(CHROの新しい役割)です。

やはり先程のビジョナリー・カンパニー2と同じことを言っています。

企業活動の業績を左右するのは人そのものです。

しかし、現実的に行っている人事の業務は、人事労務管理の制度設計や調整など、管理的な業務が中心となっていませんか?

とても戦略的な機能を担っているとは言いがたい状況ではないでしょうか?

これからの人事はどんな役割が求められていくのか、人事部門の仕事と経営戦略をリンクさせていくためには何が必要なのか。

この特集の中では、企業の事例を盛り込みながら、以下の2つの提言を示しています。

  • CHROの責務を見直し、真のパートナーにするのはCEOの重要な役割である
  • CEOが主導し、CFO、CHROによる三頭体制を築き、三者による定期的な会合を持つべき

1. CEOはCHROを真のパートナーに

日本ではほとんど知名度がありませんが、米国などの海外企業では、戦略的人事を担当する責任者としてCHRO(最高人事責任者)を設置しています。

しかし、CHROの役割に不満を持つCEOは米国でも多いようです。

CHROの役割を簡単に解説すると以下のようになります。

CFOが資金を調達、配分してCEOの采配を助けるように、CHROは人材、特に核となる人材を育成、配置し、組織の活力や熱意を引き出すことで、CEOを補佐する。

模範的なCHROは、社員の満足度や仕事への熱意、報酬、福利厚生などの管理を行います。

しかし、CEOがCHROに与える役割はそれだけでは足りないと指摘しています。

CHROは、結果の予測、問題の原因究明、事業価値の向上につながる施策も役割として担うべきであると提案しています。

そして、この特集の筆者は大胆にも、

人事プロセスにおいて、全社員を同じように扱う例が多いが、筆者の見解では、2%の人材が影響力全体の98%を占める。

と断言しています。

人事考課・人事評価制度といった制度的な話ではなく、CHROには、まさに「職人的な」人材の見極めを行う役割が求められるということです。

CFOが数字の裏を読むのを得意とするのと同じく、CHROには人材を品定めする鋭い目が求められる。

CHROの具体的な役割については以下の記事でも解説していますのでご参考ください。

CEOの右腕となるCHROとは? その意味と役割を詳細解説!
経営者向けの雑誌でも紹介され、ようやく日本でも知名度が増してきた感のあるCHROという用語について、今回はCHROの役割、人事部長との違いをご紹介します。

2. CEO・CFO・CHROによる三頭体制の確立と定期会合

もう一つの提言が、CEO・CFO・CHROによる三頭体制の確立と、三頭体制による定期会合の開催です。

提言では、CTO(最高技術責任者)、CRO(最高リスク責任者)とは同格にせず、三頭体制(特集ではG3と呼ばれています)が核となって舵取りを担うべきであり、3人だけの会合を持つことが望ましいと断言しています。

もちろん、少人数と多人数の会議は二者択一ではなく、それぞれの利点はあります。

その少人数の利点ゆえに、このG3は3人だけという制約を加えています。役割と責任というのは両輪です。

人数を増やせば増やすほど責任というのは希薄になりますので、この提言には完全に同意します(^0^)

大きな企業になればなるほど、役員が多くなり、様々な意見が出ますが、じゃあ誰が責任を持って主導するかとなると、「しーん」となるものです。

私が前職で受けた教えで、今でも心に残っているのが、決して「評論家」になるなという言葉です。

御前会議に意味はないということです。

一例として、保険会社とリスクマネジメントの世界的リーダー、マーシュのG3が紹介されていますが、CHROの以下の言葉は面白いと思いませんか?

G3会合では、人事理論を持ち出す余地などない、業績を高めるために組織は何をしなくてはならないか、主な変動要因をどう整合させるか、これがすべてである。

G3は、週に1度くらいのペースで会合を持つこと、三者が異なるレンズを通して事態を眺め、見解を出し合えば、状況をより正確に把握できる、と推奨されています。

会議の進め方・ムダを撲滅するために会議の原価計算をしませんか?
あなたの会社は、まだムダな会議を続けていませんか?一口に会議といっても、多種多様な会議があります。今回は、会議の原価を計算し、ムダな会議を撲滅させている面白い会社の実例をご紹介します。

まとめ

たまたま1つの会社で成功した事例を、何の検証もなく、さも他社でも活用できるかのように、一般化した本というのはたくさんあります。

私は経営というのは科学だと思っています。科学というのは再現性があってはじめて認められるものです。多くの事例の中から共通点を見出し検証し理論化する作業が必要です。

そして、その理論を、実際に経営に活用していくためには、今度は、その理論を会社の状況に合わせてカスタマイズする作業が必要になります。

このカスタマイズする作業の際に、汗を流すことになります。専門家の支援を受ければ、その作業はかなりの部分を省力化できますが、0にはなりません。

経営者であれば、「株で1億円儲けた主婦の投資法」なんかを読んで、その本のとおりに株の運用をしませんよね?

英語でも「文法なんて理解不要」なんて謳う業者がいますが、それを信じていると、ビジネスでは聞くのも恥ずかしいような「お子さま英語」を話す人ができあがります。

成功している企業は、基本を愚直に繰り返し、常に改善を続けています。まずは理論化された成功事例を学び、そして試してみませんか?

HBR-201512

なお、HBR・12月号の特集は「戦略人事」の特集の中で、他に参考になったものは以下の2つです。

  • なぜ人事部は嫌われるのか
  • 魅惑的な人事手法に飛びつくな
ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則
日経BP社 (2014-08-29)
売り上げランキング: 1,172
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2015年12月号 [雑誌]
ダイヤモンド社 (2015-11-10)
売り上げランキング: 1,206
戦略人事とCHROに求められる役割とは? ポイントはG3体制!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!