手軽にかっこいいグラフを作れるinfogr.amを使ってみた!

こんにちは。大好物は自動化、福岡の社労士・安部敏志です。

法律や契約書のような硬い文章に接する仕事ですし、そんな硬い文章を読むのが好きなのでよくフェチとかマニアとか言われたりしますが、実はどのように見せるかという視点は大事にしています。

このサイトでも、なるべくグラフや図を用いるようにしていますし。ただ手間がかかるんですよね。。。

で、大事なことは、いかに楽に目的を達成するか、ということです。仕事の基本ですね(^0^)

スポンサーリンク

infogr.am

infogr.am

今回は、単なるグラフだけでなくインフォグラフィックなども作成できるWEBサービスのinfogr.amを利用してみました。

画像でなく、サイトに埋め込み表示することで、インタラクティブなグラフを作ることができます。

横棒グラフ、縦棒グラフ、円グラフ、線グラフ、面グラフ、散布図などの基本的なグラフだけでなく、ピクトリアル(絵入り)やワードクラウドなど様々なテンプレートが用意されています。

ピクトリアルってこんなのです。イメージが湧きやすくなりますね。

pictorial

ワードクラウドというのはこんなのです。かっこよすぎる・・・

wordcloud

実際にinfogr.amを使ってみた

実際にinfogr.amを使ってグラフをつくってみました。

データは、厚生労働省の平成27年就労条件総合調査結果を用いています。

なお、この調査結果の内容を解説した記事はこちらです。

ついに週休2日制の企業が半分を超えた?
今や週休2日制は当たり前だと言っている人がいたので、以前、そのような事実はないことを書きました。今回は、最新の調査をもとに、週休2日制を導入している企業の割合、産業別の割合をグラフにしてみました。

以下のグラフの上段は、年別の完全週休2日制の企業割合です。PCの場合は、棒グラフにマウスポインタを持って行くと、ラベルと数値がふわっと出てきます。スマホやタブレットの場合は、棒グラフにタッチしてみてください。

下段のグラフは、完全週休2日制を導入している企業の業種別の割合です。画像でなく、インタラクティブなグラフの良さというのは、経年変化を動きで見ることができる点です。

H27、H26と書いてあるボタンを押してみてください。棒グラフが動きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このグラフを作成するために行ったことはデータの入力だけです。文字の大きや調整などのデザインは完全お任せです。

特に、動きのあるインタラクティブなグラフというのは、ブラウザ上だからこそできることであり、今でも、印刷して資料を配付するような会議は多くありますが、そんな手間は時間とお金のムダです。

日々の雑務を効率化してくれるこのようなサービスはありがたいですね。

たのしいインフォグラフィック入門
櫻田 潤
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 16,448
手軽にかっこいいグラフを作れるinfogr.amを使ってみた!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!