部下を動かす管理職になるには?

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

時間があればブライアン・トレーシーの本を読み返しています。

かなり有名な方なのですが、なぜか私の周りには知らない人が多い気がします。。。

さて、今回は管理職の最も重要な役割である「人を動かす」という内容です。

スポンサーリンク

管理職の役割は部下を動かすこと

管理職になるということは会社に認められたということです。

だからそれまで以上に頑張って働こうと思うでしょう。

しかし、管理職というのは部下を動かすマネージャーです。これができなければ失格。優秀なプレイヤーというだけだったら、専門職または部下なし管理職で過ごすべきです。

人を動かせるマネジャーになれ!」では、ブライアン・トレーシーの若かりし頃の失敗からはじまり、単に啓発的な精神論でなく、結果を出す管理職としての考え方と実践方法が詳しく説明されています。

この失敗から学んだ教訓が「人の能力を最大限に引き出すには、学歴や知識、経験よりも、感情的な影響を与える接し方や言動のほうが重要」であることであり、以下のようにも述べています。

人間の意思決定の何パーセントが合理的で、何パーセントが感情的だと思うか?
私は人間は100パーセント感情的だと答える。すべての人は感情的に決定し、それを論理的に正当化する。

そうであれば、管理職が行うべきことは部下が何を求めているかを探るべきです。困ったことがあれば部下の方から言ってくるはずだし、そうあるべきだと考えてしまいますが、それは違います。

なぜなら、それは「普通」の管理職の姿だからです。

あなたが「普通」の管理職になりたいのであればそれで構いませんが、「部下を動かす」管理職になりたいのなら、「普通」と違うことをしなければなりません。

管理職の役割とモチベーション:ポイントは「重要な存在」
管理職の役割の一つとして、部下のモチベーションアップを上げる人がいますが、本当にそうでしょうか? 今回は管理職の役割とモチベーションについて書きます。
人材育成やモチベーションアップの前に社員が共有すべき地図
経営者が、社員の人材育成やモチベーションアップを考える前に、絶対に社員に示さなければならない地図とは何でしょうか、今回は地図の秘密について書きます。
人を動かせるマネジャーになれ!
ブライアン・トレーシー
かんき出版
売り上げランキング: 31,916

まとめ

私は彼のことをビジネスコンサルタントと思っていたのですが、改めて経歴を日本公式サイトで調べてみたら、営業の神様とも書かれていました。

確かに、以前、彼の本で、駆け出しのコンサルタントだったときにどのようにして売れっ子になっていったかというノウハウが書かれていて、まさにこの本にもあるように人の感情を考えた動きをしていて、着眼点がすごいと思った記憶があります。

彼の本で有名なのは、フォーカル・ポイントでしょうか。

彼の本に感動し影響を受けた本田直之さんが、絶版になっていた同書を再度世に出したという話は有名ですし。

頻繁に開催されているどこぞの人材育成系のセミナーや多くの派生本を勉強するくらいなら、彼の本を何度も読んで少しでも実践した方がはるかに役立つと思います。

フォーカル・ポイント
フォーカル・ポイント
posted with amazlet at 16.05.02
ブライアン・トレーシー
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 10,866
部下を動かす管理職になるには?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!