労働保険の対象となる賃金の範囲をわかりやすく表にしました!

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

労働保険(雇用保険・労災保険)の対象となる賃金の範囲についてはたまに質問を受けます。

特に、多くの会社にとって関心が高まるのは労働保険の年度更新の作業時でしょうし、賃金の中に様々な手当を有する会社の場合は混乱してしまうかもしれません。

そのため、今回は、労働保険料の対象となる賃金の範囲をわかりやすく表にしています。

なお、労働保険とは、雇用保険と労災保険を総称した言葉であり、対象となる労働者の範囲などは、以下の記事のとおり意外と違いがあるのですが、対象となる賃金の範囲は、今回解説するように共通しています。

社会保険・労働保険の基礎知識:種類・加入条件などを詳細解説!
社会保険・労働保険の基礎知識として、社会保険の定義・種類・加入条件などを詳細に解説します。特に加入条件の部分はよく質問を受けますので念のため確認しておきましょう。
スポンサーリンク

労働保険の対象となる賃金

労働保険(労災保険及び雇用保険)の対象となる賃金とは以下のとおりです。

事業主がその事業に使用する労働者に対して賃金、手当、賞与、その他名称のいかんを問わず労働の対償として支払うすべてのもので、税金その他社会保険料を控除する前の支払総額

これが基本的な考え方であり定義です。

そして、この基本的な考え方を踏まえて、厚生労働省は、具体的な解釈を以下の表のように示していると理解しておいてください。

基本賃金 時間給・日給・月給、臨時・日雇労働者・パート・アルバイトに支払う賃金
賞与 夏期・年末などに支払うボーナス
通勤手当 非課税分を含む
定期券
回数券
通勤のために支給する現物給与
超過勤務手当
深夜手当等
通常の勤務時間以外の労働に対して支払う残業手当等
扶養手当
子供手当
家族手当
労働者本人以外の者について支払う手当
技能手当
特殊作業手当
教育手当
労働者個々の能力、資格等に対して支払う手当や、特殊な作業に就いた場合に支払う手当
調整手当 配置転換・初任給等の調整に支払う手当
地域手当 寒冷地手当・地方手当・単身赴任手当等
奨励手当 精勤手当・皆勤手当等
物価手当
生活補給金
家系補助の目的で支払う手当
休業手当 労働基準法第26条に基づき、事業主の責に帰すべき事由により支払う手当
宿直・日直手当 宿直・日直等の手当
雇用保険料
社会保険料等
労働者の負担分を事業主が負担する場合
昇給差額 離職後支払われた場合で在職中に支払いが確定したものを含む
前払い退職金 支給基準・支給額が明確な場合は原則として含む
その他 不況対策による賃金からの控除分が労使協定に基づき遡って支払われる場合の給与

労働保険の対象とならない賃金

次に労働保険の対象とならない賃金は以下の表のとおりです。

役員報酬 取締役等に支払う報酬
結婚祝金
死亡弔慰金
災害見舞金
年功慰労金
勤続褒賞金
退職金
就業規則・労働協約等の定めがあるとないとを問わない
出張旅費
宿泊費
実費弁償と考えられるもの
工具手当
寝具手当
労働者が自己の負担で用意した用具に対して手当を支払う場合
休業補償費 労働基準法第76条の規定に基づくもの
法定額60%を上回った差額分を含めて賃金としない
傷病手当金 健康保険法第99条の規定に基づくもの
解雇予告手当 労働基準法第20条に基づいて労働者を解雇する際、解雇日の30日以前に予告をしないで解雇する際、解雇日の30日以前に予告をしないで解雇する場合に支払う手当
財産形成貯蓄等のため
事業主が負担する奨励金等
勤労者財産形成促進法に基づく勤労者の財産形成貯蓄を援助するために事業主が一定の率又は額の奨励金を支払う場合(持株奨励金など)
会社が全額負担する
生命保険の掛け金
従業員を被保険者として保険会社と生命保険等厚生保険の契約をし、事業主が保険金を全額負担するもの
持家奨励金 労働者が持家取得のため融資を受けている場合で事業主が一定の率又は額の利子補給金等を支払う場合
住宅の貸与を受ける利益(福利厚生施設として認められるもの) 住宅貸与されない者全員に対し(住宅)均衡手当を支給している場合は、賃金となる場合がある

まとめ

いかがでしたでしょうか?

様々な手当に関する解釈が示されており、まさしく労働保険の歴史を感じてしまいますね。

冒頭にも書きましたように、どの賃金が労働保険の対象となるのかどうかという点は、労働保険の年度更新時に気になる点です。

労働保険の年度更新については以下の記事でまとめていますので、併せてご参考ください。

【29年度対応】労働保険の年度更新・提出前の最終チェック事項を解説!
人事担当者の主要業務の1つである労働保険の年度更新について誤解の多い点などを基本からわかりやすく解説します。
労働保険の対象となる賃金の範囲をわかりやすく表にしました!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

うちの会社はどんな評判なのだろうか、退職者が最近増えているけどもしかして同業他社に転職しているのだろうか、最近はそんな悩みを聞くことが増えています。

求人情報などの表の情報だけでなく、クチコミを調べるのは、今や求職者も会社の人事担当者も基本です。

求職者であれば入社予定の企業のクチコミ情報を集めますし、人事担当者にとっては自社・同業他社がどのようなことを言われているのかを分析することが重要です。

最近はこのような企業の内情を知るためのクチコミサービスは増えていますが、その中でも登録企業数は43万社以上、そして年収情報まで掲載されている国内最大級のキャリコネ転職サービス では企業の内部情報を無料で見ることができます。

今すぐ転職したいという人でなくても、現在の仕事で本当に良いのか、他社の状況を知っておくことは有用ですし、人事担当者としても自社の状況改善・他社の動向把握のためにもこうしたサービスを有効に活用しましょう。

キャリコネ転職サービス

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

従来の顧問契約とは異なり、中小企業の人事労務担当者の育成を主要業務とする。専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師にも対応。

あべ社労士事務所の業務案内

error: Content is protected !!