個別労働紛争とは? 国が関与する個別労働紛争解決制度の解説

作成:

労務のトラブルがあるとすべて労働基準監督署が関係するという誤解があります。今回は個別労働紛争、解決システムの概要と具体的な助言・指導の事例をご紹介します。

個別労働紛争とは

個別労働紛争とは、労働者個人と使用者との間の労働関係上の紛争のことです。

これに対して、労働組合が関係する場合は集団的労使紛争と言います。

以下の記事では最新の統計をグラフにしてまとめていますが、民事上の個別労働紛争の相談件数は25万件を推移し、高止まりしている状況です。

関連:労働相談は11年連続で100万件超、いじめ・嫌がらせは過去最高の相談件数

個別労働紛争解決制度

個別労働紛争を解決するための制度として、平成13年に「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」が施行され、民事上の相談にも国は対応しています。

きちんとした会社であれば、経営者や人事担当者が個別の労働紛争について調整を行うわけですが、人事労務管理の個別化、雇用形態の多様化などもあって、個々の労働者と事業主との間の紛争が増えてきたことから、このような解決制度が構築されています。

個別労働紛争解決システムの流れは以下のとおりです。

また都道府県に設置されている労働局による助言・指導の手続きの流れは以下のとおりです。

参考:個別労働紛争解決制度(労働相談、助言・指導、あっせん)より

個別労働紛争解決制度の対象

個別労働紛争の最終的な解決手段は裁判です。

しかし、裁判には時間と費用がかかります。この紛争解決制度の場合、利用料は無料です。

そのため労働関係の問題が生じた場合、労働者は利用しやすいという特徴があります。

もちろん、相談内容が労働基準法等の法違反に該当する場合は、労働基準監督署による行政指導が行われます。

しかし、民事上の個別労働紛争については、あくまで紛争当事者同士が話し合って解決するものであり、労働基準監督署は関係ありません

そのため、個別労働紛争解決制度は当事者同士の話し合いを促すことが目的となっています。

個別労働紛争解決制度の紛争の範囲

対象となる紛争の範囲は「労働条件その他労働関係に関する事項」となっており、具体的には以下のようなものです。

  • 解雇、雇止め、配置転換・出向、昇進・昇格、労働条件の不利益変更などの労働条件に関する紛争
  • いじめ・嫌がらせなどの職場環境に関する紛争
  • 会社分割による労働契約の承継、同業他社への就業禁止などの労働契約に関する紛争
  • 募集・採用に関する紛争
  • その他、退職に伴う研修費用の返還、営業車など会社の所有物の破損についての損害賠償をめぐる紛争

そして、以下のデータにあるとおり、近年の個別労働紛争で最も多いのが「いじめ・嫌がらせ」、いわゆる「パワハラ」です

注意

以下は本来であればグラフが表示されます。
もしグラフが表示されていない場合はページの更新をしてください。

「仕事は嫌いではないけど会社は嫌い」という言葉をよく聞きますが、人間関係というのは難しいものです。

ましてや上司・部下という立場が異なると、言葉は同じでも、そのニュアンスや表情によって受け取り方がかなり変わります。

パワハラの当事者の方は「そんなつもりじゃなかった」とよく言いますが、結局は日頃の人間関係と人柄によるということです。

セクハラ問題でもこの種の議論はよくありましたが、正しい、正しくない、の問題というよりも、日頃からの人間関係に落ち着いてしまいます。

なお、パワハラの定義、会社に求められる安全配慮義務については以下の記事で解説していますのでご参考ください。

関連:パワハラの定義を見極める2つのポイントと具体例(図解あり)

関連:安全配慮義務の基本と3つのチェックポイント

人事労務に関する本音の情報を毎月入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回・第1水曜日、経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。購読して不要だと思ったら簡単に解除できます。

注意

氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。