リーダーの条件・リーダーに要求される5つの資質とは?

リーダー人材を見つけ育てたい経営者サイド、どのようにすれば成長し出世できるのか知りたい若者サイド、双方に役立つ内容が、プレジデント・オンラインでありましたのでご紹介します。

参考

スポンサーリンク

リーダーに求められる5つの資質と条件

リーダーには、次の5つの力が必要だ。
第一に「自分の価値観を持つ」。まわりに左右されない「ブレない軸」といってもいい。価値観が不明確で軸がブレるリーダーには誰もついてこない。「自己の価値観」を中核として、「決断する力」「スピード」「イノベーション力」「コミュニケーション力」が結びつく。

おさらいすると、以下の5つの資質になります。

この全てを兼ね備えた人材がいたら、組織としては、何としても確保しておきたい人材です。しかし、組織側にも相当の魅力がなければ、すぐにそのような人材は独立するか、他社に奪い取られるでしょう。

  1. 自分の価値観を持つ
  2. 決断する力
  3. スピード
  4. イノベーション力
  5. コミュニケーション力

経営者の役割:あなたの会社のリーダーの条件を定義

ただ、あなたの会社が、将来のリーダーとなる人材を渇望しているのであれば、この5つを備えた人材を探そうと考えるよりも、この5つの資質の中で、最も必要とする資質は何かと、もっと深掘りして定義しておく必要があるでしょう。

例えば、私が自らの会社を今後任せたい人材として最も持っておいて欲しい力は「打たれ強さ」です。自分の価値観を持つということとほぼ同じになりますが、とにかく新しい事業の種を見つけたら、すぐに取り組んで欲しいと思っていますし、おそらくほとんどが失敗すると思います。

たとえ9敗していても、最後に1勝すればいいんです。だから部下が失敗しても、その失敗から学べることを見つければ良いし、とにかく勝負から逃げない人材、そういう人材に跡を継いで欲しいと思っています。

リーダーとダメ上司の違い:巧遅拙速

巧遅拙速を実行するには、まず、決断する力のスピードを高めなければならない。私の場合、決断を早めるために実践してきたのは「最悪を想定する」ことだった。手がける案件についてリスクファクターを洗い出し、最悪の事態を想定して、それが許容範囲内であったら決断する。

巧遅拙速というのは、まさに今の時代に求められることですね。ただ、実践は難しいものです。実際にやってみようとすると、拙速というのは勇気がいります。

自分でも完璧でないとわかっているものを見せて批判を受けるのは辛いものです。だからこそ、上司は拙速を誉める必要があります。しかし、ここでダメ上司はここぞとばかりに完璧でない部分の指摘をします、そうすると部下は二度とその上司を信用しません。

そしてリスクマネジメントです。最悪を想定しておけば、何かが起こっても対処できます。たまにいるのですが、当社はリスクがありません、という人がいます。それはリスクがないのではなくて気づいていないだけなんです。本当に気づいていないのか、それとも気づかないようにしているのか。。。

次世代リーダーの育成法

私が上司の立場になって意識して行ったのは、難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど、限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され、決断力が研ぎ澄まされているからだ。

これは全く同感です。私が管理職をしていたときも同じようにしていました。

スピードを重視して進めていこうとすると、とにかくボールを自分のところに置かないことが必要になってきます。そのため案をすぐに作り、関係者に投げます。するとフィードバックをすぐに受けることができ、その結果、内容が磨かれていきます。

まさに「巧遅は拙速に如かず」が実践されていくわけです。

リーダーの条件・リーダーに要求される5つの資質とは?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!