手当が35%も変わる振替休日と代休の違いを法的に解説!

振替休日と代休の違いを理解していますか?

実は、ほとんどの経営者が「代休」と「振替休日」の違いについて理解していません。

これは本当にもったいないことで、この違いを理解しておくだけで、経費が35%も変わってきます。

今回は、この「代休」と「振替休日」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

休日労働には手当が必要!

時間外労働、いわゆる残業時間への手当は25%以上というのはよく知られています。

それでは休日労働はいかがでしょうか?

休日労働は、労働基準法第37条によって、35%以上と定められています。

労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
労働基準法第37条第1項の時間外及び休日の割増賃金に係る率の最低限度を定める政令
労働基準法第37条第1項の政令で定める率は、同法第33条又は第36条第1項の規定により延長した労働時間の労働については2割5分とし、これらの規定により労働させた休日の労働については3割5分とする。

つまり、就業規則により、法定休日と定められている日に労働をさせれば、経営者は35%の割増賃金を支払わなければなりません。

例えば、就業規則で法定休日を日曜日と定めていて、日曜日に出勤をさせたら、平均賃金の35%増し、時給1,000円で8時間労働の場合、1,000円/時間 x 8時間 x 1.35 = 10,800円を支払わなければならないということです。

ちなみに、法定休日と所定休日の違いはきちんと理解しておいてくださいね。法定労働時間と所定労働時間の違いを以前記事として書きましたが、同じことです。

残業代の仕組みと計算方法を徹底解説! 実は9割以上の会社が間違っていたり・・・
今さら聞けない残業代の基本と計算方法、所定労働時間と法定労働時間の違い、残業代の計算を間違ってしまうとどれほど大きな金額になってしまうかという点について徹底的に解説します。

振替休日とは

労働基準法における振替休日とは、あらかじめ休日と定められていた日を労働日とし、そのかわりに他の労働日を休日とすることを言います。

これにより、あらかじめ休日と定められた日が「労働日」となり、そのかわりとして振り替えられた日が「休日」となります。

したがって、もともとの休日に労働させた日については「休日労働」とはならず、休日労働に対する割増賃金の支払義務も発生しません

代休とは

次に代休ですが、代休とは、休日労働が行われた場合に、その代償として以後の特定の労働日を休みとするものであって、前もって休日を振り替えたことにはなりません。

したがって、休日労働分の割増賃金35%を支払う必要があります。

わかりにくいと思いますので、例をあげて説明します。

緊急の案件が発生し、法定休日としている日曜日に、急遽社員を出勤させ、その代わり、次の火曜日に休みを取らせたとします。

日曜日に出勤し、代わりに月曜日に休ませているわけですから、一見、差し引き0で問題がないように見えます。

しかし、法的には違います。

つまり、あらかじめ日曜日と火曜日を振り替えていないため、休日労働をさせていることになります。

そのため、労働基準法第37条に基づき、休日労働の割増賃金を支払わなければなりません。

この場合、日曜日に休日労働をさせ、火曜日に代休を取らせたということで、先程の例を使うと、35%分、すなわち、1,000円/時間 x 8時間 x 0.35 = 2,800円を余分に支払わなければなりません。

これを図示すると以下のとおりです。

compensation-day-off

まとめ

いかがでしたでしょうか?

比較的大きな企業の人事担当者でも、この振替休日と代休の違いを正しく理解していません。

ポイントはあらかじめ振り替えておいたかどうか、就業規則に振替に関する規定があるかどうかです。これによって35%もの違いが出てきます。

今回は1人を例にしましたが、大きなイベントなどで100人単位を出勤させる場合は、この運用の違いだけで、28万円もの差になります。

運用方法一つでこんなにも大きな違いが出るのが人事労務管理です。十分注意してください!

ポイント

  • 振替休日と代休は異なる。代休の場合は、割増賃金35%以上を支払わなければならない。
  • 振替休日を用いる場合はあらかじめ休日を労働日と振り替えなければならない。

参考

週休2日制を採用している企業は実は半分以下という事実
今や週休2日制は当たり前と思っていませんか? 今回は、行政の統計を用いてその真実を明らかにしつつ、統計の中に隠された意図も解説します。
手当が35%も変わる振替休日と代休の違いを法的に解説!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!