指示待ち人間の活かし方と5分でできる上司の対策とは?

上司からの指示がなければ何をしてよいかわからない、いわゆる指示待ち人間をどうしたらよいかというご相談はよく受けます。

今回は、この指示待ち社員の活かし方、上司が行うべき対策について解説します。

スポンサーリンク

指示待ち社員はこんなときに力を発揮する!

この指示待ち社員というのは、上司が明確な指示を出すことができれば、力を発揮できるわけです。

指示待ち社員を嘆く方のほとんどの上司が、自分の仕事のみに追われ、部下の育成といったマネジメントに時間を割けていません。

上司からすると、そんな毎回のように指示を出す余裕はないということでしょう。その気持ちはわかります。

ただ、上司にとって部下の育成こそが最大の使命であり、優先順位が最も高い仕事であると認識すべきです。

多くのマネージャーは、社員教育を他人の仕事と考えているふしがある。しかし私は、マネージャー自身が教育すべきだと固く信じている。

アンドリュー・S. グローヴ

いくら上司が有能で頑張って働いたとして、せいぜい2〜3倍分の働きにしかなりません。それよりも部下の働き方を見直し一人一人の生産性をたった1.2倍にするだけで、5人が6人分と1人分の力を手に入れることができるようになります。

業務の仕組み化によって部下は勝手に育っていく!

それでは、時間のない上司がどのように部下の育成をすればよいのか?

こんなときこそ、業務の仕組み化を行いましょう。

いったん業務の仕組み化を行うことができれば、他の社員もその仕組みを活用し、業務の一定の水準を保つことができます。

こういった話をすると、まじめな方に多いケースですが、いきなりすべての業務を洗い出して、分厚いマニュアルを目指す方がいます。

そうすると、マニュアルづくりに時間がかかってしまい、本末転倒になってしまいます。

最初は一日単位のタスクリストなど簡単なものからはじめていくのがポイントです。1日5分で良いので本日行ったタスクリストからつくっていきましょう。

そしてそのタスクリストを社員で共有していくことで、重複したもの、放置していたものなどが集まってきて、それがマニュアルにつながっていきます。

業務を「見える化」するからこそ改善点が見つかります。また、雑務的なことに意外と時間を取られていることにも驚くかもしれません。

組織の中に隠れがちな業務を隠れたままにしておいてはいけません。

本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

人事労務の秘訣メールマガジンを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日(次回は11/7送信予定)に、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば以下のフォームよりご登録ください。

購読してみて、不要だと思ったら、すぐに解除できます。

登録の際のお願い

氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。

たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。

* 必須入力項目

フォローする


この記事を書いた人


安部敏志:社会保険労務士

「就業規則は働き方のルールであり、社内で自ら作成・修正すべき」という信念のもと、中小企業の人事担当者の育成に従事。
その他、専門雑誌等の記事の執筆にも積極的に対応。

事務所公式サイト:あべ社労士事務所

なお、同業の社労士から事務所運営や営業方法などの相談を受けることが増えていますが、当事務所は開業当時から この方法をそのとおりに実行しているだけです。

error: Content is protected !!