人事制度の導入よりも大事なこと - 経験や野生の勘からデータの活用へ

作成:

毎月お送りしているメールマガジン2019年7月号のテーマは、人事制度の導入よりも大事なこと、経験や野生の勘からデータや先行研究を活用しませんか? です。

人事制度を魔法のツールと誤解していませんか?

ここ最近の記事では厚生労働省が発表している統計や「平成30年版の労働経済白書」を引用して、人事労務の実務に役立つ統計や調査結果を紹介しています。

最近、人事評価制度や等級制度など人事制度の構築に関するご相談やご依頼が増えていますが、当事務所では、メリットだけでなく、デメリットが生じる場合があることもじっくりと説明しますし、場合によっては導入しない方が良いとさえ提案することもあります。

例えば、人事評価制度を導入すれば、社員がイキイキと自律的に働くようになる、そんな夢物語のようなことを信じてしまう方が意外と多くいます。

人事制度をまるで魔法のツールのように誤解している方が多いのですが、そんな都合の良いものはありません。

これは調査結果や先行研究を少し調べると明らかなことなんですが・・・

経験や野生の勘による成功例って憧れるしかっこいいとは思うのですが、せっかく先人からの贈り物としてデータや先行研究があるわけですから上手に活用したいものです。

購読者の方は目を通しておいてください!

当事務所主催セミナーに関する購読者限定アンケートを実施中

また、メルマガでは、当事務所主催セミナーに関して、購読者限定でアンケートを実施しています。

セミナー開催時には、メルマガ購読者から優先してご案内を送付しますので、関心のある方は、まずはメルマガの購読をオススメします。

日本の人事部・アメリカの人事部

今、日本の人事部・アメリカの人事部―日本企業のコーポレート・ガバナンスと雇用関係という本を読んでいます。

日米各国の人事部がどのような存在でどのような役割を担っているかを比較した論文形式の本です。緊密な両国であり、もっとこの手の本はあって良いようなものですが、意外とないんですよね・・・

とても興味深い箇所として、財務と人事の力関係の比較をしている部分があるのですが、これを読んで、HBRなどでCEO、CFO、CHROの3頭体制が提案されている背景がよく理解できたところです。

歴史を踏まえた比較研究を見ていくと、それぞれの国で一長一短ということがよくわかります。

【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか?

あべ社労士事務所は、毎月1回・第1水曜日(次回は11/6の予定)に、

  • 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている
  • 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない
  • 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない

といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。

しかも「無料」で。

過去の配信分は公開しません。

情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。

なお、今月・10月中下旬にメルマガ購読者に限定して、新情報を配信する予定です

日々の業務に忙殺されている人事労務担当者にとっては、ご関心の高い、しかもお得な情報になります。

購読して不要と思ったら簡単に解除できますのでご安心ください。

注意

氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。