飲食業・小売業にはスマホでカード決済できるSquareがオススメ

今回は、iPhoneなどのスマホ、iPadなどのタブレットでクレジットカード決済ができるSquareというサービスを紹介します。

結論から書くと、レストランやカフェなどの飲食業、小売業、美容関係の個人事業主、小型店舗をやっている方には、かなりオススメです。

今ならリーダー代金が実質0円のキャンペーンも実施していますし。

Squareとは

Squareは、もともとガラス工芸作家であったジム・マッケルビー氏が起業した米国サンフランシスコ生まれの会社です。

クレジットカード決済に対応しておらず販売機会を逃したことをきっかけに、エンジニアのバックグラウンドも持っていたことから、サービスが生まれたというストーリーです。

夫婦で営むような町の商店から、開業したてで実績のない飲食店、それから大規模事業者まで、テクノロジーを使ってあらゆる事業者にとって役に立つツールを提供することをミッションとしている会社で、今やアメリカ、カナダ、日本、オーストラリア、英国など世界中でサービスを展開しています。

現在、Squareは決済だけでなく、POSレジ、オンライン決済、顧客管理、従業員管理など、事業に必要とされるツールを次々に追加しています。

誰でもかんたんに、手頃で安心して使えるサービスを提供しているサービスです。

iPhoneやiPadなどのスマホ・タブレットでカード決済が可能

スマホやタブレットで決済している光景は、街中の小さなお店でも見かけることが増えてきましたが、Squareの魅力は、やはり手軽さとかっこよさでしょう。レジに並ぶことなく、店員さんが近くに来てその場で決済してくれるのは良いです。

私がはじめてこのような決済をしたのはAppleショップでしたが、さすがAppleだと感心しましたし。

料金体系がわかりやすい

Squareの料金体系はわかりやすいのも特徴です。

初期手数料もなし、月額固定費もなし、振込手数料もなし、解約手数料もなし、決済手数料が3.25%(JCBカードのみ3.95%)という明快さです。

つまり、売れなければ出て行く費用はないわけです。まあ、売れないのは困りますけど。

Squareが、ともにパートナーとして発展していきたいと言っているのがウソではないことがよくわかります。

飲食業や小売業には特にオススメ

今のようにオンラインで手軽にモノが買える時代に慣れてしまうと、買い物のために、レジの前に並ぶのは苦痛です。

レジの行列が長いときは買うのを止めることもあります。

レストランも同じです。最近は居酒屋でもカードを預ければ処理してくれますが、よく考えたら海外では信頼できるお店でないとなかなかリスクが高い光景です。

自分の見えるところで処理してくれるSquareのようなサービスは、一顧客としても浸透して欲しいところですし、飲食業や小売業をしているなら、絶対に導入すべきです。

まとめ

今回は、iPhoneなどのスマホ、iPadなどのタブレットでクレジットカード決済ができるSquareというサービスを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

最後に書いたように、レストランやカフェなどの飲食業、小売業、美容関係の個人事業主、小型店舗をやっている方には、かなりオススメします

私もセミナーなどで商品販売をする際に利用してみようと思っています。公的機関のセミナーで商品販売をしたら怒られるかも・・・

今ならリーダー代金が実質0円ということなので、導入するならお早めにどうぞ!

人事労務の秘訣を紹介するメルマガを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日(次回は2019/1/9に配信予定)に、人事労務に悩む経営者・担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば登録ください。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。購読して不要だと思ったら簡単に解除できます。

登録の際のお願い
氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。
たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。
* 必須項目