中級者向け英会話eラーニング講座に想像以上にハマっているのでポイントをレビュー

現在、英会話eラーニング講座のモニター募集企画に参加しています。巷によくある「英語のお勉強」講座と違い、面白い内容でハマっているので、今回はその講座概要・オススメポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

英会話eラーニング講座を申し込んだ理由

まず、簡単に私の英語歴と現在の状況を整理しておきます。

  • シンガポールに赴任し英語での仕事経験あり
  • 3か月間、みっちり英語の研修を受講
  • 研修後に受けたTOEICの点数は815点
  • 日本に帰国してから早8年、仕事で英語を使う機会はたまにあり
  • リスニングは若干の衰え、スピーキングは壊滅的

こんな感じでまとめると、少なくとも英語初級レベルではない、でも上級レベルとも言えない、中級者なんでしょう(中級者の範囲も広そうですが)。

で、困ったことに、英語を使う機会がゼロなら別にこのままでも良いのですが、たまに利用する機会があるので、その度に「せっかく英語を使えていたのにもったいないかも・・・」と思うことが多々あります。

そして勉強するしても、初級者向けの英語の勉強本やDVDというのは聞いたことがあるけど、中級者向けなんてあるのかいな・・・と思っていたところ、たまたま見つけたのが

「グローバル社会の常識と、英語でのコミュニケーション能力を身につける!」という英会話eラーニング講座

「英語の初級・中級者が、上級者を目指す」という内容であり、何より気に入ったのが、

英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ

というコンセプト。

昔、英語を勉強していたときに感じていた最大の不満が「内容が面白くない」という点。

この講座には以下の特徴があり、特に「ネイティブの常識や考え方を学ぶ」というのには興味がそそられます。

  • ネイティブの常識や考え方のレクチャーをすべて英語で学ぶ。
  • 英語で考えまとめる課題を通し、英語で考えを伝える練習をする。

eラーニング講座の内容

実際に2月初旬から開始し、現在2週目のコースを終えたところですが、講座内容を紹介します。

まず、全6回のコースとして以下の項目をそれぞれ学んでいきます。

eラーニング講座の6コース
  1. 「英語が話せる」とはどういうこと?
  2. アメリカ人の家庭生活と教育
  3. 社会問題とタブー
  4. アメリカの歴史
  5. アメリカの宗教
  6. アメリカ人の価値観

次に各コースは以下の流れで進めていきます。

コース受講の流れ
  1. 約40分のビデオを見る
  2. 小テストを受ける
  3. 課題を提出する

ビデオを見る

まず最初にインターネット回線の繋がったPC(私の場合はMac)のブラウザからビデオを見ます。

なお、スマホやタブレットでもビデオを見ることができます。

ビデオは、パワーポイントのようなスライド形式で、英語のスクリプト、英語音声による解説がなされます。

時々、解説の補足のために、Youtubeを使って実際の映画を観たり、Q&A形式で理解を深めるクイズがあったりと飽きない工夫が随所になされています。

また、ビデオの英文については全文書き起こし、全文和訳のスクリプトもあるため、理解できない箇所は何度も確認することができます。

小テストを受ける

ビデオを見た後は、全10問から構成される小テストを受けます。

合格率は80%、つまり10問中8問を正解しなければ受講済とすることができません。

それほど難しいテストではないのですが、ビデオをきちんと見て理解しておかないとなかなか80%には達しません。

課題を提出する

最後に、2、3文の短い文章とエッセイを英文で書く課題があります。

この課題はなかなか骨太です。

ビデオを見て小テストを受けるだけで、アメリカ人の考え方を理解することはできるのですが、この課題に対応することで、まさしく「英語で考えること」を実践することになります。

受講中の感想

私は現在2コース目の「アメリカ人の家庭生活と教育」を終えたところです。

この講座の大きなポイントが、一般的なアメリカ人的な考え方と日本人的な考え方を対比させているところです。

例えば、日本人が一般的に「独立」する時期とは、以下のどれでしょうか?

  • 学校を卒業したとき
  • 20歳になったとき
  • 社会人になったとき
  • 結婚したとき

人によるという答えになりそうです。さすがに結婚して親と同居し続けるのはレアケースな気がするので、強いて言えば「結婚したとき」でしょうか。

またアメリカ人の結婚観についても以下のような解説がなされ、おもわず笑ってしまいました。

To an American, being happy is a very important thing.

In fact, most Americans try to appear happier than they really are.

It is important to show love and respect toward your family even in front of other people.

謙遜を美徳とする日本人にとって、本当に自慢できる家族であっても、なかなか人前で家族自慢をすることには抵抗があります。

しかし、アメリカ人は本当は違っていても幸せであることを示すなければならないようです。

どんな人にオススメか?

現在受講している限りでは、ビデオを見ていて、英文書き起こしや和訳のスクリプトを見なくても内容は理解できています。

解説に使用されている英語は、中学・高校レベルで十分理解可能ですし、何度も見返すことができ、スクリプトもあるため、初級者でも安心です。

何より、事前に期待していたとおり、内容が面白いというのは魅力的です。

英語がある程度できるようになると非常に気になるのが「知らず知らず相手に失礼なことを言っていないか」という点です。

単語や文法を多少間違えても、それは語学力の問題であり、相手を怒らせることはありませんが、歴史、宗教、社会問題やタブーは積極的にこちらから発言することはないにしても、知らずに地雷を踏んでしまうこともあります。

そういう意味で、この英会話eラーニング講座は「表面的なやり取りではなく、仕事や生活で英語を使い、海外の人と本質的な関係を築いていきたい人」にオススメできる講座になっています。

本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

人事労務の秘訣メールマガジンを購読しませんか?

毎月1回、第1水曜日に、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログなどでは書けない本音を交えた人事労務に関する情報・ノウハウなどの秘訣をお伝えしています。

また、人事労務担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得な案内も配信していますので、ご関心があれば登録ください。

購読してみて、不要だと思ったら、すぐに解除できます。

購読の登録は以下のフォームよりお願いします。

登録の際のお願い

氏名の欄には、本名を漢字で入れてください。

たまに「たこ」など明らかにふざけた名前を登録する方がいますが、見つけ次第、削除しています。

* 必須入力項目

フォローする


この記事を書いた人


安部敏志:社会保険労務士

「就業規則は会社内の働き方のルールであり、社内で自ら作れるようになるべき」という信念のもと、福岡県を拠点に、中小企業の人事担当者の育成に従事。
その他、専門雑誌等の記事の執筆にも積極的に対応。

事務所公式サイト:あべ社労士事務所

なお、同業の社労士から事務所運営や営業方法などの相談を受けることが増えていますが、当事務所は開業当時から この方法をそのとおりに実行しているだけです。

error: Content is protected !!