こんなに違う!力量が試される面接官の資質とは?

面接というのは、する方もされる方も緊張するものです。もちろん、真面目にするのなら、ということですが。

今回は、面接を受けていたときに感じたことを書いてみます。

前職の公務員のときに受けた面接は随分前のことになりますので、今の仕事を始める前に、ヘッドハンター経由で紹介された企業で行われた面接の経験についてです。

スポンサーリンク

そもそも何のために面接するのか?

そもそも面接は何のために行うのか、それをきちんと見直すことが必要です。

人柄を知りたいから?忙しい中でも適切な判断が行えるか?

求める人材は、企業によって異なりますが、目的をきちんと設定し、何を面接で確認するのか、確認のためにはどのような質問をすればよいのか、関係者で共有しておくことが重要になります。

無意味な質問

会社に入って即戦力となるかならないか、面接ではそれを見極めるための質問に特化すべきです。

もちろん、実績やスキルというのも大事です。そのため、これまで行ってきた仕事でやり遂げたことやできなかったことを聞くのも必要でしょう。

ただ、実績やスキルだけを聞いて満足し、この人なら我が社でも活躍してくれると期待するのは間違いです。

なぜなら、その会社とあなたの会社が同じことをしているわけではないからです。

例えば、人事部門の採用担当者を雇おうと思ったとき、応募者がこれまで1,000人の面接をしてきましたと実績を誇らしげにいったとしても、面接の経験がたくさんあり実績もあるから大丈夫だろうと思うのは間違いです。

その応募者がいた会社は放っておいても面接者が来る会社だったからかもしれません。

もし、あなたの会社がそれほど知名度がなく、採用担当者が優秀な候補者をゼロから発掘しないといけないのであれば、その応募者の実績は0であり、あなたの会社に貢献することができるかは疑問です。

また、仕事への熱意やこれまで苦労してきたことなどを聞いたって、あなたの会社にどれだけ貢献するかなんてわかりません。

それと、職務経歴書や履歴書を出しているのに、面接のときに、「改めてこれまでの経歴の概要を説明してください」という面接が多いですが、これも時間のムダです。

事前に資料を渡していて、見ればわかるものを改めて説明させるような会社は、きっと会議で資料を事前配付していても、改めて担当者が説明するようなムダな会議をしているのではと応募者は思うでしょう。

価値ある面接と有意義な質問

有意義な質問というのは、過去にあなたの企業で起こった危機的な問題など具体的な状況を説明し、そのときあなたならどう対応したと思うか、将来起こりそうな状況を想定して、あなたならどう対応するか、こういった質問であれば、明確に行動パターンや価値観がわかるでしょう。

もちろん、将来起こることというのは予測できません。だからこそ、しっかりと将来をシミュレーションし、前例のないことにも対応できる人なのか、それを知るための質問に特化すべきです。

結局、応募者だけでなく、面接官も力量を試されているということです。

こんなに違う!力量が試される面接官の資質とは?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!