法改正により中小企業の残業代も1.25倍から1.5倍へ!

労働基準法の改正案が発表されました。

多くの改正事項がありますが、今回は、その中で特に中小企業にとって大きな影響が生じる割増賃金、つまり残業代の改正内容について解説します。

今回の法改正では、特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度、以前はホワイトカラー・エグゼンプションと言われていましたが)、つまり残業代ゼロ制度のことばかりが注目されていますが、実は、中小企業の負担が大きくなる内容も多く盛り込まれています。

参考

労働基準法等の一部を改正する法律案の概要(厚生労働省)

2016/12/17追記

この労働基準法改正案は平成27年度通常国会に提出され、当初は平成28年4月より施行予定でした。

ただ、大きな議論となる高度プロフェッショナル制度を含むものであり、選挙前には審議すらされないだろうと予想していましたが、やはり2016夏の参議院選挙が終わるまで手を付けられませんでした。その後の臨時国会でも結局審議すらされず、結局臨時国会は閉会。。。

続報が入り次第、このサイトでも情報を発信していきます。

スポンサーリンク

残業代が1.25倍ではなく1.5倍となる条件

時間外労働に対する割増賃金、いわゆる残業代については、時給換算した金額の25%増、つまり1.25倍以上として計算することは多くの方がご存知でしょう。

法律上は以下のとおり25%以上となっているため、厳密には会社の就業規則でどのように規定されているのかということになります。

労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

このように、時間外労働に対する割増賃金の割増率というのは25%以上となるわけですが、条件によっては50%以上が義務となっています。

これは、今回の法改正ではなく、平成22年の労働基準法改正によってすでに義務とされているものです。

その条件とは、

時間外労働が月60時間を超えた場合

です。60時間を超えた分の時間外労働については、時給換算した額の50%増、つまり1.5倍以上にしなければなりません。

例えば、その月に70時間残業した社員がいた場合、以下のような計算式になります。60時間は1.25倍、そして70-60=10時間分は1.5倍して計算することになります。

時給換算額 x (60時間 x 1.25 + (70 – 60) x 1.5)

この法的根拠は、労働基準法第37条であり、先程引用した条文には「ただし書き」として続きがあったわけです。

労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
(略)ただし、当該延長して労働させた時間が1箇月について60時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

中小企業が免除されてきた残業代

しかし、平成22年の労働基準法改正では、この1.5倍の残業代について、中小企業は免除されていました。

それが以下の労働基準法第138条条文です。

労働基準法第138条
中小事業主(中略)の事業については、当分の間、第37条第1項ただし書の規定は適用しない。

今回の労働基準法改正では、この規定を削除することで、中小企業も大企業と同じように、1か月60時間を超えた時間外労働があった場合は、1.5倍以上で残業代の計算をしなければならないということです。

残業代1.5倍になるのはいつから?

今回発表された方針によると、施行は「平成31年4月から」となっています。

つまり4年後です。4年後というと随分先のように感じるかもしれませんが、それまでに月60時間以上の残業を行っている中小企業は、時間をかけて残業時間を減らしておかないと、残業代が増えることになりますよとメッセージを送っているとも見えますね。

2016/12/17追記

この労働基準法改正案は、平成27年度通常国会に提出され、当初は平成28年4月より施行予定でした。

そのため、この残業代1.5倍の制度開始は改正法施行の3年後という予定でしたが、冒頭にも書いたとおり、依然として審議すらされていない状況です。

おそらく改正法施行の3年後という予定はそのまま繰り下げられると予想しますので、例えば平成30年施行になれば、この残業代1.5倍の制度開始は平成33年になるのではないかと思います。

続報が入り次第、このサイトでも情報を発信していきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の労働基準法改正案については、高度プロフェッショナル制度ばかりに注目が集まっていますが、それ以外にも経営者や人事担当者にとって影響の大きな制度改正が含まれています。

特に、残業が多い会社の場合は財政面にも直結する制度改正であるため、要注意です。

ただ、就業規則や賃金規程の見直しの関係でご相談を受けていて感じるのが、ほとんどの会社で法定労働時間と所定労働時間の違いについてきちんと理解できておらず、規定も間違っているということです。

法定労働時間と所定労働時間の長さが同じであれば問題はないのですが、もしこれらの時間が違うのであれば、実は残業代の計算額が変わります。

この点については以下の記事で詳しく解説していますのでご参考ください。

残業代の仕組みと計算方法を徹底解説! 実は9割以上の会社が間違っていたり・・・
今さら聞けない残業代の基本と計算方法、所定労働時間と法定労働時間の違い、残業代の計算を間違ってしまうとどれほど大きな金額になってしまうかという点について徹底的に解説します。

また、管理職の残業代については、ご依頼いただいた会社の90%以上で間違った規定をしており、未だに正確な理解がなされていない状況のようです。詳しくは以下の記事で解説していますので、この機会に残業代の計算方法について正しく理解しましょう。

管理職だから残業代が不要? という疑問に法的・裁判例を含めて解説
未だに多くの企業では管理職=残業代なしと誤解されています。今回は、労働基準法の定める管理監督者と管理職の違いを徹底解説し、参考になる裁判例も紹介します。

なお、2015年の労働基準法改正に関するポイントをまとめた記事は以下をご参考ください。

労働基準法改正案(2015年)のポイント(まとめ)
2015年度の労働基準法改正案は、中小企業への影響が大きな内容を多く含みます。例えば、ホワイトカラー・エグゼンプションとも呼ばれた高度プロフェッショナル制度や、これまで猶予されてきた時間外労働の割増賃金率(1.5倍以上)、年5日に有給休暇義務づけ、など。改正案のポイントをご紹介します。

あなたの会社の就業規則は大丈夫ですか?

あなたが就業規則の変更の必要があるかもしれないと思っても、本当に必要なのか、専門家に高いお金を払って依頼する価値があるのか不安に思うかもしれません。

見直しを依頼する前に、まずは就業規則の診断をしてみませんか?

あべ社労士事務所では、満足いただけなかった場合、全額返金保証の「就業規則の診断サービス」を行っています。

お知らせ 確定申告の準備を1日半で完了! クラウド会計ソフトfreeeは個人事業主に必須のツール!
お知らせ マイナンバー対応にお悩みの人事担当者のご要望にお応えし、就業規則の規定例を作成しました!
法改正により中小企業の残業代も1.25倍から1.5倍へ!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!