「安全第一」という言葉に続きがあるのをご存知ですか?

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

「安全第一」という言葉は有名ですが、それでは安全第一という言葉に続きがあるのをご存知ですか?

あなたの会社では、お題目のように安全第一と唱えているだけでなく、本当に安全第一を実践していますか?

今回は、安全第一の由来と本当の意味、アメリカ全土に広まった背景と日本の事例、そして安全第一という言葉が示すトップの言葉の重要性について説明します。

スポンサーリンク

安全第一の本当の意味

製造業や建設業などの危険な業務を行う現場で「安全第一」を掲げていない会社など、今どきありえません。

ただ、事務職などの方には信じられないかもしれませんが、約50年前の昭和40年代には、労働災害による死亡者数は年間6,000人もいました。

1日当たりに換算すると、1日に約16人が労働災害で死亡していたわけです。

そのような憂慮すべき状態を解消するために、日本では労働安全衛生法が労働基準法から分離され、まさしく官民一体で、労働災害防止に取り組んできたわけです。

平成27年に労働災害による死亡者数がはじめて1,000人を切ったと大きく報道され、以下の記事でもグラフにして死亡者数や休業4日以上の死傷者数の推移をわかりやすいグラフにしていますが、このような歴史があるということをまず知っておきましょう。

労働災害の統計の推移をグラフにしてみた(H1〜H28、死亡者数・死傷者数)
平成28年の労働災害発生状況の発表を受け、年別の推移、業種別の死亡者数、死傷者数のグラフを作成しました。

で、安全第一というからには、第二、第三もあるのでしょうか?

元々、安全第一という言葉はアメリカで誕生した標語と言われていますが、この安全第一は単体の言葉ではなく、安全第一、品質第二、生産第三とセットになって生まれたわけです。

つまり、安全第一の本当の意味は、安全も品質も生産も第一ということではなく、比較対象を設定して、それよりも安全の方が重要であるということです。

ちなみに、安全第一を英語で言うとSafety Firstとなりますが、最近は○○ファーストって言葉をよく聞きますね。

USスチールが作った安全第一

安全第一という言葉はアメリカで誕生した標語であると紹介しましたが、Wikipediaでは以下のように紹介されています。

安全第一 (safety-first)は、アメリカ合衆国で誕生した標語である。

1900年代初頭、アメリカ国内では不景気のあおりを受け、労働者たちは劣悪な環境の中で危険な業務に従事していた。結果、多くの労働災害に見舞われていた。

当時、世界有数の規模を誇っていた製鉄会社、USスチールの社長であったエルバート・ヘンリー・ゲーリーは労働者たちの苦しむ姿に心を痛めていた。

熱心なキリスト教徒でもあった彼は人道的見地から、当時の「生産第一、品質第二、安全第三」という会社の経営方針を抜本的に変革し、「安全第一、品質第二、生産第三」としたのである。

この方針が実行されると、労働災害はたちまち減少した。品質・生産も上向いた景気の波に乗り、この安全第一という標語はアメリカ全土に、やがて世界中に広まった。

「安全第一、品質第二、生産第三」という言葉が誕生する前は、「生産第一、品質第二、安全第三」だったんですね。

製鉄会社、そして1900年代初頭という時代を考えると、労働災害は確かに多かったでしょう。そんな状況から社長がトップの決断で優先順位を変更したというのはすごいことだと思います。

もちろん従業員の安全は大事ですが、経営者にとって売上に直結する品質や生産も大事です。

普通の経営者であれば、安全・品質・生産、すべてが第一であると中途半端なことを言ってしまいがちですが、あえて品質や生産よりも安全が第一であると示す勇気には感嘆しますね。だからこそこのように名前が名誉として残るわけですが。

ヤマトが実践した安全第一・営業第二

次に、日本の事例として、名著と謳われているヤマト運輸の創業者・小倉昌男氏の「経営学」の以下のエピソードを取り上げます。

「安全第一、営業第二」と書いたポスターを自社に貼った。その結果、事故は急激に減った。

運転者は「安全第一」といっても営業(配送効率)は絶対落してはいけない、できるだけ早くお届けするのが自分達の使命であるという呪縛ともいうべき思いがあり、その結果、安全よりも配送効率=スピードを優先していたが、トップから配送効率は二番手でいい、それより安全輸送が優先するのだという方針が明確に示されたので安心して安全輸送に取り組むことができたのである。

興味深いことに、「安全第一、営業第二」としたにもかかわらず不思議なことに営業(配送効率)は落ちなかった。

トップだからこそ「安全第一」、そして「営業第二」と言うことができる。

現場の責任者が宣言して、それを貼り出していたら、見回りにきたトップから「お前は何を考えているのだ!」とお叱りをうけるに違いない。

だからトップ自らが何を優先するべきかを明らかにしなければいけない。

やはり、ここでもトップが、安全第一の次に、営業第二と掲げることにより従業員に優先順を明示しています。

まさしく、トップと管理職のメッセージの違いをはっきりと示すエピソードです。

第二があるから、安全第一が際立ち、トップが何を大事にしているかを示すことができるわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたの会社で、どのような優先順位を示すかは自由であり、一般的な正解はありません。

ただ、優先順位を示す際には、第一を示すだけでなく、第二、第三を示さなければ、結局は同床異夢になり、形骸化することをこの事例は示していると思いませんか?

社員に自主性を持たせ、社員の考えを尊重することは結構ですが、示すべき優先順位はトップである経営者の役割ではないでしょうか?

安全配慮義務の基本と3つのチェックポイント
安全配慮義務とは何か、関連する判例・労働契約法の趣旨・内容、そして会社として安全配慮義務を遵守しているかチェックするための3つのポイントを解説します。
要注意! 健康診断の義務は会社と労働者の双方にありますよ!
労働者の安全対策・健康対策の要となる健康診断の義務に関する基礎知識の解説、よく聞かれる質問に回答します。
「安全第一」という言葉に続きがあるのをご存知ですか?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

うちの会社はどんな評判なのだろうか、退職者が最近増えているけどもしかして同業他社に転職しているのだろうか、最近はそんな悩みを聞くことが増えています。

求人情報などの表の情報だけでなく、クチコミを調べるのは、今や求職者も会社の人事担当者も基本です。

求職者であれば入社予定の企業のクチコミ情報を集めますし、人事担当者にとっては自社・同業他社がどのようなことを言われているのかを分析することが重要です。

最近はこのような企業の内情を知るためのクチコミサービスは増えていますが、その中でも登録企業数は43万社以上、そして年収情報まで掲載されている国内最大級のキャリコネ転職サービス では企業の内部情報を無料で見ることができます。

今すぐ転職したいという人でなくても、現在の仕事で本当に良いのか、他社の状況を知っておくことは有用ですし、人事担当者としても自社の状況改善・他社の動向把握のためにもこうしたサービスを有効に活用しましょう。

キャリコネ転職サービス

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

中小企業の人事労務担当者の育成を中心に業務展開。専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師業も実施。

あべ社労士事務所の業務案内


定額・相談回数無制限のメール相談を利用して、いつでも気軽に専門家に相談できる体制を構築しませんか?

先月の1日・1社当たりの平均相談・回答数は8回(往復で1回と数えて)、名ばかりの顧問業はやっていません。

定額メール相談サービス


単発で相談したいという方に対しては、個別コンサルも行っています。

個別コンサルティング

error: Content is protected !!