84%の事業場は労働基準法に違反!実は簡単にできる3つの対策

厚生労働省が、平成26年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表しましたが、84%の事業場が労働基準法に違反していることがわかりました。

8割の事業場が法違反を行っているわけですよ。。。きちんとした人事労務管理の知識を持った社員を雇うか、専門家のアドバイスを受けていれば、そんなことにはならないんですが。。。

そこで、今回は、事業場自らで、簡単にできる3つの対策をご紹介します。

スポンサーリンク

重点監督結果の概要

重点監督を行ったのは、4,561事業場、このうちの83.6%である3,811事業場で労働基準関係法令の違反があったということです。

そして、違法な残業があった事業場は2,304事業場と約半数でした。

この重点監督は、例年11月に行われている過重労働対策の一環ですが、今回は、若者の「使い捨て」が疑われる事業場、いわゆるブラック企業対策も含まれたものです。

対策のポイントは3つ

以下の図は、発表内容のポイントをキャプチャしたものですが、ものすごく簡単にポイントをまとめると、

  1. 違法な残業をさせない:残業のためには手続きがあります
  2. 残業をさせるなら払うものは払う:時間外の手当を払いましょう、基本は1.25倍です
  3. そもそも健康確保の観点から残業は行わせない:脳・心臓疾患の発症リスクなどの医学的知見があります

ということです。

point-of-investigation

そして、企業として労務管理に関する対策を行っていくときに、まず何を行うべきなのか、読み解いていくことができます。

この3つの対策のポイントを実行する際に抑えておきたいのは以下の2点です。

1. 労働時間を適正に把握する

まずは、社員の労働時間を適正に把握することです。

先程の調査によると、違法な時間外労働(残業)を行わせていた事業場は、調査対象の約半数2,304、そして時間外労働の実績が最も長い労働者の時間数が、月100時間を超えていたのが約3割の715事業場、月150時間を超えていたのが153事業場、月200時間を超えていたのが35事業場ということです。

私が国家公務員として働いていたとき、月100時間を超える残業というのは当たり前でした。

大いに問題だったわけですが、週休2日を維持して労働日20日間で月100時間を超える残業をするためには、終業時間が18時とすると、毎日23時過ぎまで働くわけです。

週休1日を維持して労働日24日間で月100時間を超える残業をするためには、前提を先程と同じにすると、毎日22時過ぎまで働く必要があります。

まずは、社員の労働時間をきちんと把握することです。

たまに、大人なんだから自分で管理すべきという自己責任論を振りかざす管理者がいますが、それは大間違いです。

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準では、前文で以下のように言っています。

労働基準法においては、労働時間、休日、深夜業等について規定を設けていることから、使用者は、労働時間を適正に把握するなど労働時間を適切に管理する責務を有していることは明らかである。
しかしながら、現状をみると、労働時間の把握に係る自己申告制の不適正な運用に伴い、割増賃金の未払いや過重な長時間労働といった問題が生じているなど、使用者が労働時間を適切に管理していない状況もみられるところである。

残業代の仕組みと計算方法を徹底解説! 実は9割以上の会社が間違っていたり・・・
今さら聞けない残業代の基本と計算方法、所定労働時間と法定労働時間の違い、残業代の計算を間違ってしまうとどれほど大きな金額になってしまうかという点について徹底的に解説します。

2. 残業の定義を明確にする

次に、それが本当に必要な残業なのか明確にすることです。

以下の参考の記事で紹介しましたが、労働時間というのは、「労働者が実際に労働に従事している時間だけでなく、労働者の行為が何らかの形で使用者の指揮命令下に置かれているものと評価される時間」とされてます。

ポイントは「使用者の指揮命令下に置かれているものと評価される時間」です。

http://worklifefun.net/basic-of-extrawage/

つまり、社員が勝手に残っている時間は、労働時間ではないので、残業時間にも当たりません。

そのため、多くの企業では、就業規則や規程の中で、残業をする場合は上司に申請を出させ、上司が許可してはじめて認めるという許可制を採用しています。

ちなみに、通常業務時間内に捌ききれない量の仕事を任せておいて、残業の許可をしてないから、残業ではないと言い張るのは、暗黙の残業命令であり、何もしないよりも悪質とみなされますので、絶対にしてはいけません。

まとめ

今回は、相変わらず多い労働基準関係法令違反の調査結果を用いて、企業の残業管理について書いてみました。

労働基準法に親しんでいくにつれ、残業代を払えば残業させてもいいんですよね、と思ってしまうところもありますが、企業には安全配慮義務というのが課せられています。

経営の本質は、社会に対して価値を生み出し、その価値に応じた報酬をいただき、関係者全員で幸せになりましょうということからすると、社員が健康を害するなんてあってはならないことです。

8割もの事業場が違反しているなら、違反をしないだけで「すごい企業」だとも言えるわけです。

他山の石として、適切な時間管理を行っていきましょう。

84%の事業場は労働基準法に違反!実は簡単にできる3つの対策
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!