2016年6月・7月に読んだオススメの本:「ワーク・ルールズ」と「過労社会」

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

6月・7月に私が読んだ本の中で、他の人にもオススメできるのは以下の18冊です。

7月には久しぶりにセミナー講師を行うこともあって、プレゼン関係の本は、以前読んでいたものを含めて、結構読みました。

ちなみに、再読ということもあって、読了はしませんでしたので、以下のリストにはありませんが、スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンプレゼンテーションZENは、私がプレゼンする上で大きな影響を受けた本です。

6月と7月に読んだ本の中で、最もオススメの本と言われるとかなり難しいです。

滅多に星5つはつけないのですが、今回は多かったです。

経営者、人事を担当する方であれば、「ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える」は必読です。

「人事とは?」、「未来の働き方とは?」といった漠然としたセミナーに参加するくらいなら、この本を読んだ方がはるかに得るものが大きいでしょう。薄っぺらい本と違って、圧倒的な情報量と、その情報の実験結果が示されています。

もちろん、実務的な内容を教えるセミナーだったら参加する価値はありますが。。。

また、未来の働き方に関心がある方は、「ルポ 過労社会: 八時間労働は岩盤規制か」を読んでおくべきです。

特に、現在国会に提出されている労働基準法改正案の「高度プロフェッショナル制度」について、したり顔で、「これからの働き方は時間でなく成果によって評価される」とか「グローバルな働き方とは・・・」と語るような人に、営業をかけられたことがある会社の方は、必読です。

期間 : 2016年6月1日 ~ 2016年7月31日
読了数 : 18 冊
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
グレッグ・マキューン / かんき出版 (2014-11-19)
★★★★★ 読了日:2016年7月14日
ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇
小林 よしのり / 小学館 (2014-01-08)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月7日
紳士の名品50 (小学館セレクトムック)
中野 香織 / 小学館 (2016-05-19)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月28日
世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法
斉藤 淳 / KADOKAWA/中経出版 (2014-03-01)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月21日
カリスマ鈴木敏文、突然の落日 ―セブン&アイ「人事抗争」全内幕―
毎日新聞経済部 / 毎日新聞出版 (2016-05-31)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月20日
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ダニエル・ピンク / 三笠書房 (2006-05-08)
★★★★☆ 読了日:2016年7月18日
残念な人の英語勉強法
山崎 将志 , Dean R. Rogers / 幻冬舎 (2011-02-10)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月16日
[新版]ブルー・オーシャン戦略―――競争のない世界を創造する (Harvard Business Review Press)
W・チャン・キム , レネ・モボルニュ / ダイヤモンド社 (2015-09-04)
★★★★☆ 読了日:2016年7月9日
開戦前夜 ゴーマニズム宣言RISING
小林 よしのり / 幻冬舎 (2013-04-25)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月6日
社長! すべての利益を社員教育に使いなさい
大西 雅之 / あさ出版 (2016-05-12)
★★★★☆ 読了日:2016年7月5日
伝え方が9割 2
佐々木 圭一 / ダイヤモンド社 (2015-04-24)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月4日
稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術
勝間 和代 / 毎日新聞社 (2014-09-27)
★★★☆☆ 読了日:2016年7月3日
顧客の心に火をつけろ!  トライブを生み出すSNSプラットフォームの作り方
マイケル・ハイアット , MICHAEL HYATT / ソフトバンククリエイティブ (2012-12-25)
★★★☆☆ 読了日:2016年6月22日
ルポ 過労社会: 八時間労働は岩盤規制か (ちくま新書)
中澤 誠 / 筑摩書房 (2015-08-05)
★★★★★ 読了日:2016年6月19日
大東亜論第二部 愛国志士、決起ス: ゴーマニズム宣言SPECIAL
小林 よしのり / 小学館 (2015-12-09)
★★★★☆ 読了日:2016年6月18日
ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
ラズロ・ボック / 東洋経済新報社 (2015-07-31)
★★★★★ 読了日:2016年6月16日
投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)
藤野 英人 / 講談社 (2013-02-26)
★★★★★ 読了日:2016年6月12日
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
カレン・フェラン / 大和書房 (2014-03-26)
★★★★☆ 読了日:2016年6月6日
2016年6月・7月に読んだオススメの本:「ワーク・ルールズ」と「過労社会」
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!