IIJmioユーザーは要注意!MNP転出に15日もかかる!

ちょうど一年前から利用しているIIJmio(みおフォン)ですが、元々、WiFi環境の中にいることが多く、特に不満なく利用していました。

今回、とある事情により、MNP転出を行う中で、思わぬトラブルが発生し、何かの間違いだろうと思い、サポートセンターに対応をお願いしたところ、びっくりするようなお役所的回答をいただき、ついでに不要な料金まで取られるという経験をしました。

IIJmio(みおフォン)からのMNP転出についてはずいぶん検索したのですが出てこなかったので、IIJmioのユーザーの方でMNP転出を考えている人が、私と同じ目に遭わないように、記録を残しておきます。

スポンサーリンク

MNP予約番号の発行手続き:1日で発行!

MNP予約番号の発行は簡単です。

「よくあるお問合せ」の中で「MNP転出はできますか?」というQ&Aがあり、この中では、予約番号の発行までは4日程度とありますが、実際は1日で発行されました。

IIJmio2015-01

ちなみに、正確に記録しておくと、9/16・14時に申し込み、9/17・23時に予約番号発行のメールが届きました。

このあたりの対応は早いですね。

MNP転出は15日以内に行わなければならない!

MNP予約番号の発行メールでは、以下のような記載がありました。

ちなみにこの文章は、https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/mnp.jsp#portoutでも確認できます。

有効期限: 2015年10月1日
* 予約番号の有効期限は、弊社で予約番号を発行した日を含めて15日間です。予約有効期間を過ぎると、予約番号は失効となります。
* MNP転出を行った月の月額料金・音声通話機能付帯料・音声オプション料金は日割りせず解約日(課金停止日)まで満額請求いたします。
* MNP転出完了を確認次第、MNP転出手数料を請求いたします。

要するに、

  • MNPの手続きは10/1までにしないと無効になる
  • 転出を行った月は日割りせず満額請求する、つまり9月中にMNP転出すれば9月分は全額請求、10/1にMNP転出すれば10月分は全額請求をする

ということになります。となれば、必ず9月中に手続きをしなければ、と思いませんか?

私が利用しているのはファミリーシェアプランで毎月3,260円(通話料を除く固定費として)がかかっています。

もし、私がモタモタしてしまい、10/1に手続きをしてしまうと、10/2以降は何も使わない(というよりMNP転出すれば使おうにも使えない)にも関わらず3,260円を払わなければなりません。

そのため、すぐに転出手続きをしなければと動いたのですが、実はここにIIJmioの落とし穴が潜んでいました。。。

ちなみにMNP転出に関する案内はWeb上ではこれだけです。

IIJmio2015-02

MNP転出完了は9/23

ちょうどシルバーウィークという5連休を挟んでしまったのもあり、実際には9/23にMNPの手続きを行いました。

当然ですが、同日の9/23に、IIJmioのSIMカードは使用できなくなりました。これはスマホの画面で確認済みです。

IIJmioの手続きが完了しない・・・

さすがに即日反映はないだろうと思ったので、翌日の9/24に、IIJmioにログインして、契約内容を確認してみると、「MNP予約番号発行中」(サービス中)となっています。

その次の日、9/25にもログインしてみましたが、やはり表示は変わりません。

契約内容の表示にタイムラグがあるのかと思い、念のため、サポートセンターにMNP転出が完了した旨を報告するメールを送信し、いつMNP転出手続きが完了となるかの確認を行いました。

すると、以下のような驚きの回答がありました・・・

IIJmio高速モバイル/DサービスにてMNP転出を行われた場合、予約番号の期限を経過以降、弊社にてMNP転出が完了していることを確認後に、解約手続きを含む、その他お手続きが可能となります。

当該SIMカードの予約番号の有効期限は「2015/10/1」のため、10/1以降、弊社にて転出を確認次第、SIMカードが削除となりますが、ファミリーシェアプランは解約となりません。

えっ??? 予約番号の期限経過以降の確認なの? そんなことQ&Aには書いてないし・・・

既にMNP転出は完了し、SIMカードは使えないにも関わらず、10/1以降の確認となると、10月は何もできずにただ満額料金を払うということになります。

ただ、冷静に考えてみると、確かに、MNPの転出が完了しているかどうかを確認する方法がないのかもしれません。

といっても10/1以降に確認できるということは、何らかの確認手段はあるのでしょう。

そのため、MNP転出は完了していますので手続きを進めていただけませんか、というメールを改めて送りました。

そして、以下のあっさりとした回答が返ってきました。

IIJmio高速モバイル/Dサービスにて MNP転出を利用される場合、MNP予約番号の有効期限後、転出が完了されているか否かを確認いたします。

恐れ入りますが、MNP予約番号の有効期限を経過する前に、MNP転出の確認を行う個別対応は承っておりません

いやいや、転出が完了されているかどうかを確認するのに、10/1以降に行う理由って何でしょうか・・・

しかも、「個別対応は承っておりません」って、10/1以降にどうせ行うのだから、その前に行っても良いのではないでしょうか。

何か手間が変わるのでしょうか? それとも社内的な業務量の問題でしょうか? 客には関係ないことですが。

今回の結論

IIJmioの利用者がMNP転出を行うときは、その月の12日までに申し込みましょう!

9月であれば9/12に申し込まないと、10月分の料金も丸々全額取られちゃいます。

ちなみに、この12日というのは、土日もIIJmioが動いてくれるという計算になるので、より安全を期すなら、9/10申し込み必須となります。

ただ、注意が必要なのは、MNP予約番号の発行手続きは4日程度、発行日を含む15日以降にMNP転出完了の確認手続きと書いているため、さらに時間がかかるというリスクはあります。

今回の例のように10/1以降確認というのは最も損した気分になります。使用できないし、料金は満額取られるし、ということで踏んだり蹴ったりな心境です。

IIJmio利用者はぜひお気をつけください。

IIJmioユーザーは要注意!MNP転出に15日もかかる!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

うちの会社はどんな評判なのだろうか、退職者が最近増えているけどもしかして同業他社に転職しているのだろうか、最近はそんな悩みを聞くことが増えています。

求人情報などの表の情報だけでなく、クチコミを調べるのは、今や求職者も会社の人事担当者も基本です。

求職者であれば入社予定の企業のクチコミ情報を集めますし、人事担当者にとっては自社・同業他社がどのようなことを言われているのかを分析することが重要です。

最近はこのような企業の内情を知るためのクチコミサービスは増えていますが、その中でも登録企業数は43万社以上、そして年収情報まで掲載されている国内最大級のキャリコネ転職サービス では企業の内部情報を無料で見ることができます。

今すぐ転職したいという人でなくても、現在の仕事で本当に良いのか、他社の状況を知っておくことは有用ですし、人事担当者としても自社の状況改善・他社の動向把握のためにもこうしたサービスを有効に活用しましょう。

キャリコネ転職サービス

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

中小企業の人事労務担当者の育成を中心に業務展開。専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師業も実施。

あべ社労士事務所の業務案内


定額・相談回数無制限のメール相談を利用して、いつでも気軽に専門家に相談できる体制を構築しませんか?

先月の1日・1社当たりの平均相談・回答数は8回(往復で1回と数えて)、名ばかりの顧問業はやっていません。

定額メール相談サービス


単発で相談したいという方に対しては、個別コンサルも行っています。

個別コンサルティング

error: Content is protected !!