パートの活用を考えている小売業はこの無料の事業を利用した方がいいですよ!

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

さて、今回はパートタイム労働者の多い小売業の方にオススメな事業をご紹介します。

スポンサーリンク

パートを取り巻く人手不足の状況

本記事掲載時点の最新の統計(H28.7時点)によると、有効求人倍率1.37倍、新規求人倍率は2.01倍と、まさに人手不足な状況です。

ただ、正社員の有効求人倍率を見ると、これは季節調整値で0.88倍です。ということは、この数値はパートが押し上げているわけであり、実際、パートの有効求人倍率は1.38倍、新規求人倍率は2.55倍です。

つまり、「すぐに人員補充をしたい、まずはパートでいいからかき集めよう」という発想では、今は、まったく通用しないということです。

「来た人から選別しよう」ではなく、「どうか我が社に興味を持って下さい」と真逆の発想が必要ということです。本当に人手が欲しいなら。。。

無料で構築できるパートタイム労働者の人事・賃金制度!

募集・採用を頑張って、ようやくパートに働いてもらえることになった、次に考えるべきことが、パートの活用です。

せっかく来てもらった人があなたの会社のために頑張って働いてもらうためには何が必要でしょうか???

「えっ、今、働いている人だっているし、同じように働いてもらえばいいんじゃないの?」

正直言って、このような考えは甘いです。

なぜ、職場環境が悪くても、文句を言いつつも、正社員は頑張って働くのか・・・、それは同じ条件で転職することが難しいからです。仮に、転職が可能な状況があったとしても、もしかしたら契約社員になるかも・・・ヤバい会社かも・・・そんな不安という心理的バリアーが働くから、多少の職場環境が悪くても我慢して働きます。

では、パートの方の場合はどうでしょう???

正社員ほどに、職を変えることには抵抗感がないでしょう。条件が悪ければ、条件が良いところに職場を変えるだけです。

つまり、頑張って働いてもらうためには、離職防止を常に考えておかなければなりません。

では、どうするか?

パートとして採用する時点で賃金を低く抑えておきたいというのが本音のところでしょう。となると、賃金ではなく、違うところで満足感をもってもらう必要があります。

それが人事制度です。

パートで働く人の納得度を高め、公正な処遇を実現し、能力発揮を促進する仕組み、こういったパート向けの人事制度が必要なわけです。

今回ご紹介する「平成28年度 職務分析・職務評価普及事業」は厚生労働省が行っている事業であり、パートの職務評価の方法を教えてくれる事業です。

パートの担う職務内容を正確に把握し、パートタイム労働者と正社員の間の均等・均衡待遇の状況を確認することが可能となります。

そして、それをパートの人事・賃金制度を見直す上で活かしていくわけですが、なんと、その支援を行う専門家派遣を無料で行ってくれるというものです。

無料ですよ!!!

無料で、人事・賃金制度の見直しにも活用できる職務評価を行ってくれるわけです。

人事制度の構築や見直しに関して、巷のコンサルタントなら100万円単位で要求するような業務が・・・。これは、コンサルタント涙目でしょうね。。。(^0^)

この事業の対象企業は、以下のとおりです。

  • パートタイム労働者を活用する意向はあるが、パートタイム労働者の獲得・定着化等に関してお悩みのある企業
  • 職務評価に興味・関心のある企業

そして今年度は小売業を優先的に募集しているということです。

もし、上の対象に当てはまるのであれば、下のリンク先から、すぐに応募した方が良いですよ(^0^)

平成28年度 職務分析・職務評価普及事業・コンサルティング対象企業募集のご案内

参考

今回、職務評価の方法についてさらっと流しましたが、実はこれはパートタイム労働法に大きく関係します。パートタイム労働法を正しく理解する上で最も重要なポイントは、

  • 「職務の内容が同じ」かどうか
  • 「人材活用の仕組みや運用が同じ」かどうか

この2つによって適用される規定が異なるということです。まさに、この2つをどう評価するかということで、最近は以下の事例を含め、よく問題になっています。

参考

正社員と契約社員の格差「一部違法」高裁判決、弁護士「是正に向けた大きな力に」

パートの活用を考えている小売業はこの無料の事業を利用した方がいいですよ!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!