あべ社労士事務所の公式サイトを開設しました!

ようやく事務所サイトの骨格ができましたので本日公開しました。

事務所サイトはこちら→あべ社労士事務所公式サイト

事務所サイト構築の際にこだわったのは以下の3点です。

  1. セキュリティ視点からの独自SSLの導入
  2. スマホでも見やすいレスポンシブ対応
  3. Bootstrapを用いたテーマの利用
スポンサーリンク

1. セキュリティは大事

1と2については、純粋に顧客視点を意識した結果のこだわりです。

人事労務管理という会社の機微に触れる情報を扱う業務であるため、通信を暗号化する技術である独自SSLの導入はもはや常識となってきています。

と言いつつ、私も最近まであまりSSLについて理解していませんでしたが・・・今回事務所サイトの開設に伴い勉強しました(^0^)

簡単な見分け方としては、URLアドレスの頭がhttpsとなっていれば独自SSLということかと思います。

chromeの場合は鍵とhttpsの文字が緑色になる

chromeの場合は鍵とhttpsの文字が緑色になる

safariの場合は単なる鍵

safariの場合は単なる鍵の表示

chromeとsafariで見え方は違いますが、どちらも鍵があることでセキュリティがしっかりしていることをアピールしてくれているんですね。

2. スマホでも見やすいレスポンシブ対応

2のレスポンシブ対応ですが、これも今の時代必須となってきています。当サイトも約4割がスマホからのアクセスです。

もちろん、当サイトは当初からスマホ対応をしています。

それに、当事務所の現在の集客の8割はこのサイト経由です。

そのため、スマホからアクセスしたときに見にくいウェブサイトになっていると、仮に検索上位に来ていても、当事務所にとっては致命的になりますので、この点は事務所の公式サイトも同じです。

3. Bootstrapを用いたテーマの利用

capture-bootstrap

ここからはどちらかというと私の勝手なこだわりです(^0^)

といっても、Bootstrapを利用することでレスポンシブ対応になるわけですから、顧客視点を意識しているというのは同じです。

CSSを用いて自ら定義するよりもBootstrapのパーツを使う方が楽ですし、一度使ってみたかったというのがあります。

特に、Bootstrapのボタンやテーブルの装飾は以前から美しいと思っていたので、今回の事務所サイトではふんだんに使用してみましたw

サーバーは投資

最後に、公式サイトはこのサイトと同じ、安定のエックスサーバーです。

先日、瞬間的にアクセスが急増しましたが安定して稼働していましたし、これまでの運用でもトラブル知らずです。

http://worklifefun.net/over-eighty-thousand/

また、今回ドメインの設定でサポートセンターに問い合わせをすることがありましたが、すぐに返答・解決となり、サポート体制にも信頼がおけます。

まあ、月間のアクセス数が100万PV行くようなブロガーにも多数利用されているサーバーなので、それと比較したら当サイトはまだまだのアクセス数ですが・・・

再度のアクセス急上昇を期待していますし、サーバーやドメインなどへの出費は投資なので、こういうところではケチってはいけませんよね(^0^)



まだまだ作り込んでいかないといけない部分はありますし、SEOやSNS対策などもしっかりしていかないといけませんが、完成度を高めて公開を遅らせるくらいなら、多少???な部分があっても、骨格ができていて伝えたいメッセージさえあれば、まずは行動すべしと思い公開することにしました!

ということで皆様、事務所の公式サイトもよろしくお願いします(^0^)

あべ社労士事務所公式サイト

あべ社労士事務所の公式サイトを開設しました!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!