有給休暇の取得が義務だった時代があったことを知ってましたか?

こんにちは。先週暖かい沖縄に出張していた福岡の社労士・安部敏志です。

1年ほど前まで沖縄で暮らしていたのですが、12月でも日中はまだ半袖でいられるくらい暖かかったんですね。福岡は寒い・・・

さて、最近ご依頼をうけた就業規則の関係で調べていたところ、年次有給休暇の衝撃的な歴史を知りました。

終戦直後、労働基準法施行後のたった6年間ではありますが、使用者は年次有給休暇を取得させなければならない時代があったんですね!

スポンサーリンク

有給休暇の取得率

有給休暇の取得率は、以下の記事でも解説していますが、最新の統計によると48.7%と半分以下です。

平成28年の有給休暇消化率は48.7%! 規模別・業種別の消化率もグラフにしてみた!
平成29年に発表された最新の調査結果から、有給休暇の取得率、会社の規模別・産業別の取得率をグラフにしてみましたのでご参考ください。

有給休暇の取得については、現在、労働者から請求されるという形をとっているので、請求がなければ取得ということにはなりませんし、上司や同僚の顔色をうかがってということになると実際難しいでしょうね。

本来は、以下の記事でも書いているように、時期の請求であって、有給休暇自体の申請・許可ということにはならないのですが、使用者も労働者もこのことについて知らないという方も多いようです。

有給休暇に関するよくある誤解を徹底解説-罰則に要注意!
労使双方に誤解の多い有給休暇の日数・発生要件、計算方法等の基礎知識について、法令・判例を引用し徹底解説します。

有給休暇の取得は義務だった!

では、取得率を上げるために、事前に有給休暇の日を決めておけばよいというのが、今の計画的付与制度の考え方なのですが、この制度もあまり活用されていないようです。

ただ、今回調べ物をしていてたまたま見つけたのが、濱口先生の記事「年次有給休暇は取らせなければいけない時代があった」です。

そういえば、最近「人事の有名人を紹介する」といったWebの記事を読んで1人を除いて見事に誰も知りませんでしたが、人事労務を担当していて濱口先生を知らない、または書籍を読んだことがないというのはかなり恥ずかしいので、ぜひ読んでおきましょうね。

実は、圧倒的に多くの人々に知られていないことですが、終戦後労働基準法が施行されてから6年間の間、労働基準法施行規則にはこういう規定が置かれていたのです。現在とは付与要件が若干異なって、1年勤続で6日付与、1年ごとに1日ずつ増加という仕組みだった時代です。
 
第二十五条 使用者は、法第三十九条の規定による年次有給休暇について、継続一年間の期間満了後直ちに、労働者が請求すべき時期を聴かねばならない。但(ただ)し、使用者は、期間満了前においても、年次有給休暇を与えることができる。
 
年次有給休暇は労働者が請求するものという原則は原則として、しかし労働者が自分から請求してくる前に、使用者の側が積極的に「1年たったぞ。年休が取れるぞ。いつ年休を取るんだ? 早く教えてくれ」と言わなければいけなかったのです。本人がもじもじと言い出しかねている状態をただにやにやと眺めていると、この規定に違反するのです。

今の時代の感覚でこの規定を見ると、すごいと思いませんか?

「継続一年間の期間満了後直ちに、労働者が請求すべき時期を聴かねばならない。」ですからね。

4月1日が有給休暇の基準日になる場合、4月1日以降すぐに管理職などの使用者は部下に対して、有給休暇を取得する予定時期を聞かなければならなかったわけです。

聞いてしまったら、原則としてその時期に休ませないといけないわけですから、かなり取得に向けた強制力が強くなります。間違っても、今のように「パートやアルバイトには有給休暇はない」なんて誤解する人は少なくなる気がします。

労基法39条1項で「与えなければならない」と言いながら、5項で労働者の請求を待っていればいいことになってしまったため、年休取得率がこんなに低い状態になっているわけですが、実は労基法施行当時の発想は、それをさらに規則25条が補完していたのです。「与えなければならない」使用者の義務は、「聴かなければならない」という具体的な義務によって裏打ちされていたのですね。取得しないでそのままになってしまうようなことにならないよう、付与された年休は全て、使用者の側の積極的なアクションによって取得されるようにうまく仕組まれていたわけです。

この趣旨は、労基法施行時の通達(昭和22年9月13日発基17号)でもこう明確に書かれていました。
 
年次有給休暇は使用者が積極的に与える義務があることを強調し、徹底させること。

通達という行政解釈ではありますが、これをもとに行政指導が行われるわけですから、結局企業はその指導に従っていくことになります。

「年次有給休暇は使用者が積極的に与える義務があることを強調し、徹底させる」という表現を見ると、今も昔も意識としてあまり変わっていないんだなと思う次第です。

ちなみに、労基法39条1項で「与えなければならない」というのは以下のことです。

労働基準法第39条(年次有給休暇)第1項
使用者は、その雇入れの日から起算して6か月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、または分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結構びっくりしませんでしたか? 恥ずかしながらこの記事を見つけるまで私は知りませんでした。

こうして歴史を知った上で、現在審議が止まっていますが国会に提出されている労働基準法の改正案を見てみると、歴史というのは回るものだと感じる次第です。

労働基準法改正により企業は年5日の有給休暇取得が義務化される!
企業に年5日以上の有給休暇取得を義務づける労働基準法の改正案が国会に提出されましたので詳細に解説します。

同一労働同一賃金の話も新しい制度だと勘違いしてはしゃいでいる「自称人事」の人も多いわけですし。。。

なお、今回ご紹介した記事は、最近ご依頼を受けた就業規則の見直し関係で調べものをしていたときに見つけたものです。

見直しということでご依頼を受けたのですが、有給休暇の付与日数が年8日になっており「一体いつ作成された就業規則なんだ?」と思って調べていたところ、今回ご紹介した記事にたどり着いたわけです。見直しという依頼でしたが、ほぼ全面改正の就業規則になりますけどね・・・

濱口先生の本や記事を読むと、いつもビスマルクの以下の言葉を思い出します。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

女性活躍推進が最近のキーワードですが、濱口先生の以下の本は今までの賃金制度の歴史を総括し、その中で女性労働者の位置づけを明快に解説しており、人事担当者であれば必読です。

今は働き改革の名の下に、人事制度を見直す動きが活発ですが、歴史的な流れを知っておいた上で発言・実行しないと恥ずかしいことになりますよ。

有給休暇の取得が義務だった時代があったことを知ってましたか?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

うちの会社はどんな評判なのだろうか、退職者が最近増えているけどもしかして同業他社に転職しているのだろうか、最近はそんな悩みを聞くことが増えています。

求人情報などの表の情報だけでなく、クチコミを調べるのは、今や求職者も会社の人事担当者も基本です。

求職者であれば入社予定の企業のクチコミ情報を集めますし、人事担当者にとっては自社・同業他社がどのようなことを言われているのかを分析することが重要です。

最近はこのような企業の内情を知るためのクチコミサービスは増えていますが、その中でも登録企業数は43万社以上、そして年収情報まで掲載されている国内最大級のキャリコネ転職サービス では企業の内部情報を無料で見ることができます。

今すぐ転職したいという人でなくても、現在の仕事で本当に良いのか、他社の状況を知っておくことは有用ですし、人事担当者としても自社の状況改善・他社の動向把握のためにもこうしたサービスを有効に活用しましょう。

キャリコネ転職サービス

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

中小企業の人事労務担当者の育成を中心に業務展開。専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師業も実施。

あべ社労士事務所の業務案内


定額・相談回数無制限のメール相談を利用して、いつでも気軽に専門家に相談できる体制を構築しませんか?

先月の1日・1社当たりの平均相談・回答数は8回(往復で1回と数えて)、名ばかりの顧問業はやっていません。

定額メール相談サービス


単発で相談したいという方に対しては、個別コンサルも行っています。

個別コンサルティング

error: Content is protected !!